Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plot

シミュレーション データ インスペクターでのシミュレーション出力データのプロット

説明

plot(simOutObj) は、シミュレーション データ インスペクターでシミュレーション出力オブジェクト simOutObj にシミュレーション出力データをプロットし、プロットされたシミュレーション出力データを表示できるようにシミュレーション データ インスペクターを開きます。関数 plot を使用して、以下のシミュレーション出力オブジェクトに格納されたシミュレーション結果をプロットできます。

以下のシミュレーション出力オブジェクトには、データをプロットしてからシミュレーション データ インスペクターを開くプロット関数も含まれています。

シミュレーション出力オブジェクトに含まれているプロットする信号が 8 未満である場合、シミュレーション データ インスペクターのレイアウトは 1n 列に変わり (n はプロットする信号の数) サブプロットごとに 1 つの信号をプロットします。シミュレーション出力オブジェクトに含まれているプロットする信号が 8 を超える場合、シミュレーション データ インスペクターのレイアウトは 11 列に変わり、シミュレーション出力オブジェクトの最初の信号をプロットします。

Simulink.SimulationOutput オブジェクト内の一部またはすべてのデータがシミュレーション データ インスペクターの実行に含まれる場合、関数 plot はシミュレーション データ インスペクターを開き、実行のすべての信号をプロットします。データがシミュレーション データ インスペクターでの実行に対応しない場合、関数 plot はデータを新規実行にインポートします。関数 plot を使用して単一信号をプロットする場合、関数 plot は信号のデータを新規実行に常にインポートします。

runObj = plot(simOutObj) はプロットされたデータに対応する Simulink.sdi.Run オブジェクトを返します。

すべて折りたたむ

この例で使用する ex_vdp_simout_plot モデルは、信号、出力、状態を記録し、すべてのログ データを単一のシミュレーション出力に返すように構成されています。単一のシミュレーション出力は、記録するデータの種類に応じて、他のシミュレーション出力オブジェクトのタイプが 1 つ以上含まれる Simulink.SimulationOutput オブジェクトです。この例では、ログ データの各タイプにアクセスし、関数 plot を使用してシミュレーション データ インスペクターでデータをプロットする方法を示します。ログ記録されたすべてのデータが含まれる SimulationOutput オブジェクトを生成するには、このモデルのシミュレーションを実行します。

open_system('ex_vdp_simout_plot.slx')
out = sim('ex_vdp_simout_plot.slx');

SimulationOutput オブジェクトでのデータのプロット

Simulink.SimulationOutput オブジェクトに格納された単一のシミュレーション出力を関数 plot に渡して、シミュレーション データ インスペクターでデータを表示できます。シミュレーション データ インスペクターでの実行に対応する SimulationOutput オブジェクトでデータをプロットすると、シミュレーション データ インスペクターにも記録されるオブジェクトのデータがプロットされます。モデルは Dataset 形式を使用してデータを記録するため、すべてのログ データはシミュレーション データ インスペクターにストリーミングされます。

関数 plot を使用してデータをプロットすると、シミュレーション データ インスペクターは 18 列のレイアウトに更新され、サブプロットごとに 1 つの信号をプロットします。

plot(out)

単一の信号のデータのプロット

単一の信号のデータをプロットする場合、シミュレーション データ インスペクターは常に信号のデータを新規実行にインポートします。SimulationOutput オブジェクトの関数 get を使用して、信号ログ Dataset オブジェクト logsout にアクセスします。

logsout = get(out,'logsout');

次に、Dataset オブジェクトの関数 get を使用して、最初の要素のデータにアクセスします。

sig1 = get(logsout,1);

信号のデータをプロットする場合、シミュレーション データ インスペクターは信号を新規実行にインポートし、レイアウトを 11 列に更新して、信号をプロットします。

plot(sig1)

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターでプロットして表示するデータを含むシミュレーション出力オブジェクト。この関数 plot は、以下のシミュレーション出力オブジェクトをサポートしています。

例: plot(out)

出力引数

すべて折りたたむ

プロット データに対応する実行。Simulink.sdi.Run オブジェクトとして返されます。

R2019b で導入