最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addElement

クラス: Simulink.SimulationData.Dataset
パッケージ: Simulink.SimulationData

データセットの最後に要素を追加

構文

dataset = addElement(dataset,element)
dataset = addElement(dataset,element,name)

説明

dataset = addElement(dataset,element) は、要素を Simulink.SimulationData.Dataset データセットに追加します。

dataset = addElement(dataset,element,name) は、要素を Simulink.SimulationData.Dataset データセットに追加し、その要素に name 引数で指定した名前を付けます。オブジェクトに既に名前が設定されている場合、その名前の代わりに、name 引数で指定した名前が使用されます。

入力引数

すべて展開する

要素を追加するデータセット。

データセットに追加する要素。Simulink.SimulationData.SignalSimulink.SimulationData.DataStoreMemory または matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクトとして指定します。

要素の名前。文字ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて展開する

要素を追加するデータセット。文字ベクトルとして返されます。新規の要素は、データセットの最後に追加されます。

すべて展開する

データセットを作成し、要素を 3 つ追加します。

time = 0.1*(0:100)';
ds = Simulink.SimulationData.Dataset;
element1 = Simulink.SimulationData.Signal;
element1.Name = 'A';
element1.Values = timeseries(sin(time),time);
ds = addElement(ds,element1);
element2 = Simulink.SimulationData.Signal;
element2.Name = 'B';
element2.Values = timeseries(2*sin(time),time);
ds = addElement(ds,element2);
element3 = Simulink.SimulationData.Signal;
element3.Name = 'C';
element3.Values = timeseries(3*sin(time),time);
ds = addElement(ds,element3);
ds
ds = 

Simulink.SimulationData.Dataset '' with 3 elements

                         Name  BlockPath 
                         ____  _________ 
    1  [1x1 Signal]      A     ''       
    2  [1x1 Signal]      B     ''       
    3  [1x1 Signal]      C     ''       

  - Use braces { } to access, modify, or add elements using index.

代替方法

インデックス構文を効率化するために、addElement を使用する代わりに、中かっこ ({}) を使用して要素をデータセットに追加できます。インデックスには、要素数より 1 大きいスカラーを使用します。新しい要素はデータセットの最後の要素になります。

time = 0.1*(0:100)';
ds = Simulink.SimulationData.Dataset;
element1 = Simulink.SimulationData.Signal;
element1.Name = 'A';
element1.Values = timeseries(sin(time),time);
ds{1} = element1;
element2 = Simulink.SimulationData.Signal;
element2.Name = 'B';
element2.Values = timeseries(2*sin(time),time);
ds{2} = element2;
element3 = Simulink.SimulationData.Signal;
element3.Name = 'C';
element3.Values = timeseries(3*sin(time),time);
ds{3} = element3;

R2011a で導入