Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

get

クラス: Simulink.SimulationData.Dataset
パッケージ: Simulink.SimulationData

データセットから要素または要素の集合を取得

構文

element = get(dataset,index)
element = get(dataset,name)
element = get(dataset,{name})

説明

element = get(dataset,index) は、index に対応する要素を返します。getElement メソッドの構文と動作は get メソッドと同じです。

element = get(dataset,name) は、名前が name と一致する要素を返します。name が cell 配列内にある場合、名前が name と一致する要素のインデックスを返します。

element = get(dataset,{name}) は、1 つの要素名のみが一致する場合 1 つの要素を返し、この名前をもつ複数の要素が存在する場合 SimulationData.Dataset を返します。

[データセットのデータをファイルにログ] を使用して MAT ファイルを作成する場合、getAsDatastoreを使用してデータへのアクセスを高速化します。

入力引数

すべて展開する

要素の取得元のデータセット。

取得する要素のインデックス値。インデックスは、データセットの要素のインデックス値を反映します。

データセットの要素の名前。次のように指定します。

  • データセットの要素の名前を反映する文字配列

  • 1 つの文字ベクトルを含む cell 配列。1 つの要素を含む可能性のある SimulationData.Dataset object を返すためにこの形式を使用します。スクリプトを記述するときにこの形式を検討します。

出力引数

すべて展開する

get メソッドで検出された要素。

  • データセットの後の最初の引数が index の場合、このメソッドは index の位置の要素を返します。

  • データセットの後の最初の引数が name の場合:

    • メソッドが 1 つの要素を検出した場合はその要素を返します。

    • メソッドが 1 つを超える要素を検出した場合はそれらの要素を含むデータセットを返します。

    • メソッドが要素を検出しなかった場合は空のオブジェクトを返します。

すべて展開する

ex_bus_logging モデルの最上位モデルにある Simulink.SimulationData.Dataset 要素にアクセスします。信号のログ データセットは topOut です。

open_system(docpath(fullfile(docroot,'toolbox','simulink',...
'examples','ex_bus_logging')));
open_system(docpath(fullfile(docroot,'toolbox','simulink',...
'examples','ex_mdlref_counter_bus')));
sim('ex_bus_logging')
topOut
topOut = 

  Simulink.SimulationData.Dataset
  Package: Simulink.SimulationData

  Characteristics:
              Name: 'topOut'
    Total Elements: 4

  Elements:
    1: 'COUNTERBUS'
    2: 'OUTPUTBUS'
    3: 'INCREMENTBUS'
    4: 'inner_bus'

  -Use get or getElement to access elements by index, name or 
   block path.
  -Use addElement or setElement to add or modify elements.

  Methods, Superclasses

最初の引数が数値の場合、インデックスの位置の要素にアクセスします。

el = logsout.get(1);

名前が name と一致する要素にアクセスします。

el = logsout.get('name');

最初の引数が cell 配列でその最初の要素が文字ベクトルの場合、データセットを返します。

ds = logsout.get({'my_name'}); 

代替方法

get または getElement を使用する代わりに、中かっこを使用してインデックス構文を効率化し、データセット内の要素を取得できます。インデックスは、変数の要素数以下のスカラーでなければなりません。たとえば、logsout データセットの 2 番目の要素を取得します。

logsout{2}

また、find メソッドを使用して、データセットから要素または要素のコレクションを取得できます。

R2011a で導入