Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マップ データの表示と再生

この例では、シミュレーション データ インスペクターでマップの可視化を使用して緯度と経度のデータの経路を表示する方法を示します。マップ データは信号データと同期されているため、カーソルを追加したりデータを再生したりして、経路全体で信号のアクティビティを解析できます。

この例で使用しているマップの可視化は、Record ブロックでも使用できます。Record ブロックでマップの可視化を使用する場合は、ツールストリップを使用して可視化を追加し、外観を構成します。マップでデータをプロットする方法はこの例と同じです。

シミュレーション データ インスペクターまたは Record ブロックでマップ データを表示するには、インターネット接続がアクティブでなければなりません。

シミュレーション データ インスペクターへの経路データのインポート

モデルに緯度と経度の信号が含まれている場合、シミュレーション中にログに記録されたデータをマップに表示できます。ワークスペースまたはファイルからデータをインポートすることもできます。

シミュレーション データ インスペクターを開きます。

Simulink.sdi.view

この例のデータは、Excel™ ファイル LoganTripGPSData.xlsx に保存されています。ユーザー インターフェイスを使用してデータをインポートするには、[インポート] をクリックします。

[インポート] ダイアログ ボックスの [インポート元][ファイル] を選択します。その後、テキスト ボックスに「LoganTripGPSData.xlsx」と入力し、[インポート] をクリックします。

あるいは、関数 Simulink.sdi.createRun を使用してプログラムでデータをインポートします。

mapRun = Simulink.sdi.createRun("LoganTrip","file","LoganTripGPSData.xlsx");

マップ上への経路のプロット

既定では、シミュレーション データ インスペクターは、レイアウトの各サブプロットに対して時間プロットを使用します。マップ上にデータをプロットするには、可視化をレイアウトに追加する必要があります。

マップをレイアウトに追加するには、[レイアウト] をクリックします。その後、[ビューの編集] を選択します。

[可視化ギャラリー] から、[マップ] アイコンをサブプロットにドラッグします。

レイアウトでサブプロットの可視化の更新が完了したら、[可視化ギャラリー] を閉じます。

あるいは、サブプロット メニューを使用してサブプロットの可視化を変更できます。可視化を変更するサブプロットをポイントし、表示される 3 つのドットをクリックします。[可視化の変更] ドロップダウン リストから、そのサブプロットに使用する可視化を選択します。

マップ上に経路をプロットするには、テーブルで緯度データをもつ信号と経度データをもつ信号を選択し、それらをマップ上にドラッグします。テーブルで複数の信号を選択するには、"Shift" キーまたは "Ctrl" キーを押しながら選択します。この例では、テーブルで logan_lat 信号と logan_long 信号の行を選択し、その選択内容をマップ上にドラッグします。

プロットの右下に表示される経路のメニューで、緯度データとして使用する信号と経度データとして使用する信号を指定します。

選択が完了したら、[OK] をクリックします。

経路と一緒に信号データをプロット

速度データを経路と一緒にプロットできるように、プロット領域のサブプロット レイアウトを 21 列のレイアウトに変更します。[レイアウト] をクリックします。その後、[基本レイアウト]21 列の構成のサブプロット レイアウトを選択します。

下のサブプロットに速度データをプロットするには、サブプロットを選択してから、テーブルで speed 信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。

カーソルを使用したデータの解析

カーソルをプロットに追加して、マップに表示される speed 信号と経路との間の関係を解析できます。2 つのカーソルをレイアウトに追加するには、[データ カーソルを表示/非表示にします] ボタン のドロップダウン矢印をクリックし、[2 つのカーソル] を選択します。

カーソルを追加すると、追加のマーカーがマップ上に表示されます。経路の始点と終点には静的なマーカーがあり、追加のマーカーが各カーソルに対応します。左側にカーソルを移動します。経路はボストンで開始し、時間とともに東から西に移動するため、左のカーソルを移動するとマップの右にあるマーカーが移動します。

プロットからカーソルを削除するには、[データ カーソルを表示/非表示にします] をクリックします。

経路と信号データの再生

シミュレーション データ インスペクターでデータを再生することで、ビューのプロットされた信号間の関係を解析できます。データをシミュレーション データ インスペクターで再生すると、アニメーション化されたカーソルが、開始時間から終了時間までのプロットされたデータをスイープします。ビューに再生コントロールを追加するには、[再生コントロールの表示/非表示を切り替えます] をクリックします。

その後、[再生] をクリックします。

マップ上のマーカーと時間プロット上のカーソルが同期して画面をスイープします。

既定では、シミュレーション データ インスペクターはデータを 1 秒当たり 1 秒で再生します。つまり、クロック時間の 1 秒につき、1 秒のデータ分カーソルが動きます。このトリップのデータは、約 34 分にわたります。再生速度を上げるには、ラベル右側の矢印を使用するか、ラベルをクリックして希望する速度を入力します。矢印を使って、再生速度を 32x に上げます。

参考

ツール

ブロック

関数

関連するトピック