最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マップ データの表示と再生

シミュレーション データ インスペクターでレイアウトにマップを追加し、緯度と経度のデータの経路を表示できます。マップ データはシミュレーション データ インスペクターで信号データと同期され、経路全体で信号のアクティビティを解析できます。経路と信号値の関係を解析するため、データを再生できます。シミュレーション データ インスペクターでデータを再生すると、ビュー内のプロット全体で、カーソルとマーカーが同期移動します。

シミュレーション データ インスペクターでマップ データを表示するには、インターネット接続がアクティブでなければなりません。

モデルに緯度と経度の信号が含まれている場合、データをシミュレーション データ インスペクターに記録してシミュレーション中に可視化できます。ワークスペースまたはファイルからのデータの表示の手順または関数 Simulink.sdi.createRun を使用して、ワークスペースまたはファイルからデータをインポートすることもできます。この例の場合、Simulink.sdi.createRun を使用して記録されたマップと速度データのファイルをインポートします。次に、シミュレーション データ インスペクターを開きます。

mapRun = Simulink.sdi.createRun('LoganTrip','file','logan_ah_gps_data.xlsx');
Simulink.sdi.view

マップ データの表示

速度データとマップ データを一緒に表示できるようにプロット領域を 2x1 レイアウトに構成します。下部プロットで速度データをプロットするには、プロットを選択してから、speed 信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。レイアウトにマップを追加するには、[レイアウト] メニューで [ビューの編集] をクリックし、[可視化ギャラリー] を開きます。

[可視化ギャラリー] からレイアウトで上のサブプロットにマップをドラッグします。logan_lat 信号を確認して、マップの右下のダイアログで [OK] をクリックし、信号を使用してマップで緯度データを指定します。

次に、logan_long 信号を確認して [OK] をクリックし、マップで経度データとして信号を使用します。

Ctrl を押しながら複数の信号を選択してマップにドラッグし、マップ データをプロットすることもできます。右下のメニューに、緯度データで使用する信号と経度データで使用する信号を指定するために使用できるドロップダウンが表示されます。

カーソルをプロットに追加して、マップに表示される speed 信号と経路との間の関係を解析できます。2 つのカーソルをレイアウトに追加するには、ツール バーのカーソル ボタンでドロップダウン矢印をクリックし、[2 つのカーソル] を選択します。左側にカーソルを移動します。経路はボストンで開始し、時間とともに東から西に移動するため、左のカーソルを移動するとマップの右にあるマーカーが移動します。

プロットからカーソルを削除するには、[データ カーソルを表示/非表示にします] ボタンをクリックします。

マップ データの再生

シミュレーション データ インスペクターのデータを再生すると、ビューの可視化間のカーソル移動を自動化できます。ビューに再生コントロールを追加するには、[再生コントロールの表示/非表示を切り替えます] ボタンをクリックします。

次に、[再生] ボタンを押します。

マップ上のデータ マーカーと、時間プロット上のカーソルが同期して画面をスイープします。同期再生は、トリップ全体の速度と位置の関係を直感的に理解するのに役立ちます。

既定では、シミュレーション データ インスペクターはデータを 1 秒当たり 1 秒で再生します。つまり、クロック時間の 1 秒につき、1 秒のデータ分カーソルが動きます。このトリップのデータは、約 34 分にわたります。再生速度を上げるには、ラベル右側の矢印を使用するか、ラベルをクリックして希望する速度を入力します。矢印を使って、再生速度を 32x に上げます。

他の例については、シミュレーション データ インスペクターでのデータの再生を参照してください。

関連するトピック

シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示

シミュレーション データ インスペクターを使用したプロットの作成