Main Content

XY Graph ブロックを使用した円のプロット

この例では、XY Graph ブロックを使用してデータをプロットする方法を示します。XY Graph ブロックは、2 つの入力信号を XY プロットにプロットする Record ブロックの代替の構成です。Record ブロックで使用される XY プロットはシミュレーション データ インスペクターでも使用できます。XY Graph ブロックには、ワークスペースやファイルへのデータ ログの記録を含む、Record ブロックのすべての機能が含まれています。

このモデルでは、$x$$y$ のデータを計算し、3 番目の変数 $\theta$ を使用して円をプロットします。極座標系を使用すると、原点を中心とする半径 $a$ の円の方程式を次のように表現できます。

$$ r(\theta) = a$$

この方程式を直交座標を使用するように変換すると、$x$$y$ のデータの方程式は次のようになります。

$$x = a \cos (\theta)$$

$$y = a \sin (\theta)$$

このモデルでは、$x$ のデータと $y$ のデータを Trigonometric Function ブロックを使用して計算します。Ramp ブロックから入力 $\theta$ を与え、Constant ブロックで円の半径を設定します。

プロット結果を表示するには、モデルをシミュレートし、XY Graph ブロックをダブルクリックします。

XY Graph ブロックのレイアウトにサブプロットを追加して、$x$ のデータと $y$ のデータの時間による変化を表示できます。たとえば、[レイアウト] を選択します。次に、[オーバーレイ][下] を選択します。[信号を表示] をクリックして信号を表示します。x の信号をプロットするには、左側のオーバーレイを選択し、x の信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。次に、y の信号をプロットするには、右側のオーバーレイを選択し、y の信号を選択します。

XY プロットにプロットされたデータのスタイルを更新することもできます。たとえば、接続線を削除し、データ マーカーを追加します。プロットにマーカーを追加するには、[形式] タブの [マーカー][マーカー] をクリックします。プロットからラインを削除するには、[形式] タブの [ライン][ライン] をクリックします。

XY プロットでは、トレンド ラインや複数の系列のプロットなど、解析と可視化のための他の機能もサポートされます。詳細については、XY プロットでのシミュレーション データの可視化およびXY プロットを使用したデータの解析を参照してください。

参考

ブロック

ツール

関連するトピック