Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

XY Graph を使用した円のプロット

この例では、XY Graph ブロックを使用して Simulink で円をプロットします。

ex_xygraph_block_circle モデルは、x-y 平面の原点に中心をもつ、半径 4 の円を計算します。

プロットされる関数は、次のとおりです。

$x = 4 \cos (\theta)$

$y = 4 \sin (\theta)$

モデルのシミュレーションを実行すると、Figure ウィンドウが表示され、プロットされた円が表示されます。

ans = 

  Simulink.SimulationOutput:
                   tout: [101x1 double] 

     SimulationMetadata: [1x1 Simulink.SimulationMetadata] 
           ErrorMessage: [0x0 char] 

参考

|