Main Content

シミュレーション中のデータの表示

Scope ブロック、Record ブロック、またはシミュレーション データ インスペクターを使用したシミュレーション中のデータの表示

Scope ブロックとスコープ ビューアーを使用すると、経時的なシミュレーション データをすばやく可視化することができます。モデルのプロトタイプを作成する場合、信号を Scope ブロックに接続し、モデルのシミュレーションを行ってから、Scope ウィンドウで結果を表示します。結果を使用して、設計を検証します。モデルをデバッグする必要がある場合は、Scope でオシロスコープのようなツール (トリガーやカーソルの測定など) を使用して問題を特定します。詳細は、スコープによるモデルのプロトタイプ作成とモデルのデバッグを参照してください。

ブロック

Scopeシミュレーション中に生成される信号を表示
Scope Viewer and Floating Scope信号線を使用せずにシミュレーション中に生成される信号を表示
Recordデータ ログのワークスペース、ファイル、またはその両方への記録

オブジェクト

Scope ConfigurationScope ブロックの外観と動作を制御

ツール

シミュレーション データ インスペクターデータとシミュレーション結果を検査および比較し、モデルの設計を検証して反復します。

関数

Simulink.sdi.addTriggerシミュレーション データ インスペクターで表示の更新を制御するトリガーを信号に追加する
Simulink.sdi.getTriggerシミュレーション データ インスペクターで構成されたトリガーに対する信号オプションとトリガー オプションを取得する
Simulink.sdi.removeTriggerシミュレーション データ インスペクターの信号からトリガーを削除する
Simulink.sdi.setRecordDataSpecify record mode for logging
Simulink.sdi.getRecordDataCheck record mode for logging

トピック