最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

対話型表示を使用したシミュレーションの制御

Dashboard ブロックを使用して、シミュレーションの出力を対話的に制御および検証

Dashboard ライブラリのブロックを使用して、モデル ブロック線図内で制御と表示を対話的に表示します。ブロック パラメーターを制御ブロック (Knob、Button、Switch) に、信号を表示ブロック (Scope、Gauge) に接続します。

ブロック

すべて展開する

Dashboard Scopeシミュレーション中の信号を追跡
Displayシミュレーション中の信号値の表示
Custom Gaugeカスタマイズしたゲージに入力値を表示
Gauge円形スケールでの入力値の表示
Half Gauge半円形スケールでの入力値の表示
Linear Gauge線形スケールでの入力値の表示
Quarter Gauge入力値を四分円スケールに表示する
Lamp入力値を反映する色を表示します。
MultiStateImage入力値を反映するイメージを表示する
Editパラメーターの新しい値を入力
Knobダイヤルでパラメーターの値を調整する
Sliderスライディング スケールを使用してパラメーター値を調整する
Push Buttonボタンが押されたときのパラメーターの値を設定する
Rotary Switchダイヤルでパラメーターの値を切り替えて設定
Radio Buttonパラメーター値を選択する
Combo Boxドロップダウン メニューからパラメーター値を選択
Check Boxパラメーターまたは変数値を選択
Rocker Switchパラメーターの 2 つの値を切り換える
Slider Switchパラメーターの 2 つの値を切り換える
Toggle Switchパラメーターの 2 つの値を切り換える
Callback Buttonユーザー入力に基づいて MATLAB コードを実行

クラス

Simulink.SimulationData.Parameterログ記録されたパラメーター データとメタデータを保存
Simulink.HMI.InstrumentedSignals信号ログの指定の保存と復元
Simulink.HMI.SignalSpecificationプログラムで Dashboard ブロックを信号に接続する
Simulink.HMI.ParamSourceInfoDashboard ブロックの変数とパラメーターの接続に関する情報

トピック

Dashboard のブロックを使用したモデルの調整と可視化

Dashboard ブロック ライブラリのブロックを使用して、モデルを可視化および操作します。

パネルを使用したモデルの対話的な設計とデバッグ

Dashboard ブロックを含むパネルを使用したモデルの設計とデバッグ。

シミュレーションのペーシング

ペースを指定してシミュレーションを低速化する。

シミュレーション データの可視化方法の決定

出力ディレクトリの表示方法を説明する。

注目の例