Main Content

MultiStateImage

入力値を反映するイメージを表示する

  • ライブラリ:
  • Simulink / Dashboard

  • MultiStateImage block

説明

MultiStateImage ブロックは、入力信号の値を示すイメージを表示します。MultiStateImage ブロックをその他の Dashboard ブロックと共に使用し、モデル用にコントロールおよびインジケーターの対話型のダッシュボードを作成できます。シミュレーション中に必要な情報を提供する、入力値とイメージの組み合わせを指定できます。

Dashboard ブロックの接続

Dashboard ブロックはモデル要素への接続に端子を使用しません。Dashboard ブロックをモデル内の信号に接続するには、接続モードを使用します。接続モードを使用すると、モデル内で Dashboard ブロックを接続するプロセスが簡単になり、特に複数のブロックを一度に接続する場合に便利です。Dashboard ブロックを 1 つ接続するには、ブロック ダイアログ ボックスの [接続] テーブルを使用することもできます。

ヒント

ノーマル モードとアクセラレータ モードのシミュレーション中に Dashboard ブロックの接続を変更できます。

接続モードに切り替えるには、接続する Dashboard ブロックをキャンバスで選択します。Simulink® ツールストリップに、選択したブロックのタイプの名前が付いたタブが表示されます。ブロックのタブで [接続] をクリックします。接続モードでは、信号やブロックを 1 つ以上選択すると、接続に使用できる信号のリストが表示されます。選択した Dashboard ブロックに接続する信号をリストから選択します。別の Dashboard ブロックを接続するには、接続するブロックで一時停止し、その上に表示される [接続] ボタンをクリックします。その後、モデルで 1 つ以上の信号およびブロックを選択し、接続する信号を選択します。

Simulink model of the Van der Pol equation with all components selected, a Linear Gauge block in connect mode, and the Connection table visible

モデルで Dashboard ブロックの接続が完了したら、[ブロック] タブで [接続完了] をクリックします。

ヒント

ShowInitialText ブロック パラメーターをもつ関数 set_param を使用して、接続されていないブロックに表示されるメッセージを非表示にできます。ブロックを接続すると、メッセージも表示されなくなります。

制限

  • Dashboard Scope ブロックおよび Display ブロックを除き、Dashboard ブロックは実数のスカラー信号にのみ接続できます。

  • ツールストリップは、パネル内にあるブロックをサポートしません。

  • コメント アウトされたブロックには、ブロック ダイアログの [接続] テーブルを使用して Dashboard ブロックを接続することはできません。コメント化されたブロックに接続モードを使用して Dashboard ブロックを接続した場合、ブロックのコメントを解除するまでは Dashboard ブロックに接続された値が表示されません。

  • Dashboard ブロックは参照モデル内のモデル要素には接続できません。

  • モデルの階層構造をシミュレーションすると、参照モデル内の Dashboard ブロックで更新は実行されません。

  • Dashboard ブロックは、ラピッド アクセラレータ シミュレーションをサポートしていません。

  • シミュレーション中に Stateflow® 内のステート アクティビティまたはチャート データには Dashboard ブロックを接続できません。

  • Stateflow 内のステート アクティビティまたはチャート データには Dashboard ブロックをプログラムで接続できません。

  • アクセラレータ モード シミュレーションのためのブロックの削減または最適化により、一部の信号にはシミュレーションで使用できるデータが含まれないことがあります。Dashboard ブロックを使用してこのような信号を表示するには、信号をログ記録用にマークします。

パラメーター

すべて展開する

接続テーブルを使用してブロックに接続する信号を選択します。ブロックを信号に接続するには、次のようにします。

  1. 1 つ以上の信号を含むモデルで選択を行います。

  2. テーブルで接続する信号を選択します。

  3. [適用] をクリックします。

ヒント

シミュレーション中にモデルで Dashboard ブロックを信号に接続できます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Binding
型: Simulink.HMI.SignalSpecification
既定の設定: []

イメージのスケーリング方法を指定します。

[縦横比を固定して埋め込む] は、元の縦横比を保ちながら、ブロックのサイズに合わせてイメージをスケーリングします。

[固定] は、イメージを固定された真のサイズで表示します。

[埋め込み] は、イメージをブロックに合わせて埋め込みます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ScaleMode
型: string または文字ベクトル
値: 'Fill with fixed aspect ratio' | 'Fixed' | 'Fill'
既定の設定: 'Fill with fixed aspect ratio'

状態は、表示するイメージを接続している変数またはパラメーターの値に一致させます。各状態は [状態] およびイメージから構成され、MultiStateImage ブロックの [状態] テーブルに [サムネイル] として表示されます。

  • 状態MultiStateImage ブロックに対応するイメージを表示させる、接続している変数またはパラメーターの値。

  • サムネイル — 接続している変数またはパラメーターの値が対応する [状態] に一致する場合に表示されるイメージ。

[+] ボタンをクリックして、別の状態を追加します。

プログラムでの使用

MultiStateImage ブロックの State および Thumbnail パラメーターの値をプログラムで設定するには、States パラメーターを使用します。次のフィールドをもつ構造体の配列として、States パラメーターの値を指定します。

  • State — 状態値。

  • Size — イメージの幅と高さをこの順で含む 12 列のベクトル (ピクセル)。uint64 として指定します。

  • Image — Base64 エンコードされたイメージ データの文字配列。

  • Thumbnail — ブロック ダイアログの [状態] テーブルに表示するサムネイル イメージの Base64 エンコードされたイメージ データの文字配列。

ブロックに指定する各状態の構造体を配列に含めます。この例では、変数 myBase64Image および myBase64Thumbnail には、ブロック イメージおよびサムネイルの Base64 イメージ データの文字ベクトルが含まれます。

state1.State = 1;
state1.Size = [uint64(400) uint64(400)];
state1.Image = myBase64Image;
state1.Thumbnail = myBase64Thumbnail;
state2.State = 2;
state2.Size = uint64(400) uint64(400)];
state1.Image = myBase64Image2;
state1.Thumbnail = myBase64Thumbnail2;
msiStates = [state1 state2];
ブロック パラメーター: States
型: 構造体配列

接続している信号の値が指定されたどの状態にも一致しない場合、ブロックには既定のイメージが表示されます。DefaultImage パラメーターを次のフィールドを含む構造体として指定します。

  • Size — イメージの幅と高さをこの順で含む 12 列のベクトル (ピクセル)。uint64 として指定します。

  • Image — Base64 エンコードされたイメージ データの文字配列。

  • Thumbnail — ブロック ダイアログの [状態] テーブルに表示するサムネイル イメージの Base64 エンコードされたイメージ データの文字配列。

ブロック パラメーター: DefaultImage
タイプ: 構造体

ブロック ラベルの位置。ブロックがモデル内の要素に接続されている場合、ラベルは接続された要素の名前です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LabelPosition
型: 文字ベクトル
値: 'Top' | 'Bottom' | 'Hide'
既定の設定: 'Top'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直達

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

バージョン履歴

R2016b で導入