Main Content

Circular Gauge ブロックを使用して現実的なダッシュボードを作成する

Circular Gauge ブロックを使用すると、モデル用にコントロールとインジケーターを備えた、実際のシステムとそっくりの外観をもつダッシュボードを作成できます。このモデル例では、4 つの Circular Gauge ブロックと 1 つの MultiStateImage ブロックを使用して、sf_car モデル用に、実際の自動車で見られるようなダッシュボードを作成します。

モデルの確認

Dashboard サブシステムとモデルの関係を理解するため、各ブロックを選択して、モデル内に表示される信号にジャンプしてみましょう。接続された信号にジャンプするには、最初にブロックを選択します。たとえば、左側の速度計のゲージを選択します。ツールストリップに表示される [ゲージ] タブを選択して、[接続の表示] を選択します。モデルにより接続された信号が存在する場所に移動し、その信号が一時的に強調表示されます。

左側の Circular Gauge ブロックに、ダッシュボード上で速度計の役割を果たす vehicle speed 信号が表示されます。このブロックは、モデルのシミュレーションを実行するときに表示できる Circular Gauge の既定の外観および弧の値を使用します。

モデルの上部の Circular Gauge ブロックには、throttle 信号と brake 信号が表示されます。このタイプのゲージを作成するには、既定の Circular Gauge から背景イメージと針のイメージを削除します。次に、スケールの弧を調整し、目盛り、スケール、および弧の値の色を選択します。

右側の Circular Gauge ブロックでは、カスタムのゲージ フェースに engine RPM 信号が表示されています。このようなゲージは、既定の Circular Gauge から背景イメージを削除し、独自のイメージをアップロードすることで作成できます。

下部の MultiStateImage ブロックは、gear 信号の値に対応する 7 分割の表示スタイル番号を使用して、gear 信号を表示します。

シミュレーション中にシステムをモニターする

ダッシュボードを使用して、シミュレーション中のシステム応答をモニターできます。User Inputs ブロックには、さまざまな車両操縦をモデル化するために複数のシミュレーション入力が含まれています。シミュレーション入力を変更するには、モデルの最上位レベルに移動し、User Inputs を開きます。ドロップダウン メニューを使用して、モデルでシミュレートする車両の動作を選択できます。追い越し運転 (Passing Maneuver)、緩やかな加速 (Gradual Acceleration)、急ブレーキ (Hard Braking)、惰走 (Coasting) から選択します。シミュレーション中のシステム応答をモニターするには、Dashboard サブシステムに戻って再生ボタンを押し、モデルをシミュレートします。