Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Callback Button

ボタンを使用した MATLAB コードの実行

  • ライブラリ:
  • Simulink / Dashboard

  • Callback Button block

説明

Callback Button ブロックは、クリックまたはボタンの押下に応答して MATLAB® コードを実行します。クリックと押下に対して実行されるコードを個別に指定できます。押下に応答して実行されるコードを指定する場合は、ボタンが押されている間、コードを指定レートで実行するようにブロックを構成できます。

Callback Button ブロックは、Callback Button 上にカーソルが置かれた状態で左マウス ボタンをリリースしたときに、クリックに対するコードを実行します。押下のコードは、Callback Button をクリックして、指定された [押下遅延] の間押したままにすると実行されます。

Callback Button ブロックをダブルクリックしても、シミュレーション中やブロックが選択されているときは、そのダイアログ ボックスは開きません。ブロック パラメーターを編集する場合は、[プロパティ インスペクター] を使用するか、次のようにブロック ダイアログ ボックスを開くことができます。

  • ブロックが選択されておらず、モデルのシミュレーションが行われていないときに、ブロックをダブルクリックする。

  • ブロックを右クリックし、コンテキスト メニューから [ブロック パラメーター] を選択する。

Customizable Blocks ライブラリの Callback Button ブロックには、この Callback Button ブロックと同じ機能に加えて、次の機能が用意されています。

  • ブロックの外観を、実際のシステムにおけるボタンのように設計する。

  • ボタン タイプをモーメンタリまたはラッチとして構成する。

パラメーター

すべて展開する

ボタンのテキスト ラベル。

ヒント

ブロックの状態に応じて異なるテキストを表示するボタンを設計するには、Customizable Blocks ライブラリの Callback Button ブロックを使用します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ButtonText
型: string または文字配列
既定の設定: 'Callback Button'

MATLAB コードを実行させるマウス操作。

  • ClickFcn を選択し、Callback Button ブロックがクリックされたときに実行するコードを表示して編集します。

  • PressFcn を選択し、ボタンが押されたときに実行するコードを表示して編集します。

マウス操作に応答して実行される MATLAB コード。

依存関係

表示される MATLAB コードは、"マウス操作" のパラメーターの選択によって異なります。

  • ClickFcn を選択し、Callback Button ブロックがクリックされたときに実行するコードを表示して編集します。

  • PressFcn を選択し、ボタンが押されたときに実行するコードを表示して編集します。

[PressFcn] コードを実行させるために必要な時間。

依存関係

[押下遅延 (ms)][PressFcn]"マウス操作" として選択されている場合にのみ表示されます。

Callback Button ブロックがまだ押されている場合に、[PressFcn] コードを再び実行した後の時間間隔。

依存関係

[繰り返し間隔 (ms)][PressFcn]"マウス操作" として選択されている場合にのみ表示されます。

ブロックの特性

データ型

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

バージョン履歴

R2017b で導入