ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル、ブロックおよび端子のコールバック

モデル化イベントのコードを実行 (モデルを開くなど)

関数

set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
getCallbackAnnotationコールバックを実行する注釈を取得

クラス

Simulink.Annotationモデルの注釈プロパティの指定

例および操作のヒント

モデル コールバック

モデルが読み込まれたときや、モデルをユーザーが保存したときなどに、モデルの特定のアクション ポイントで実行される MATLAB® コードを指定します。

ブロックのコールバック

ブロックが読み込まれるか、開かれるか、編集されるときに実行されるブロック コールバックを設定します。

端子のコールバック

入出力端子の接続が変更されるたびに実行されるコールバックを端子上に設定します。

コールバックの追跡

コールバックの追跡を使用して、Simulink® が呼び出すコールバックを特定します。

概念

カスタマイズされたモデルの動作のコールバック

コールバックを使用したモデルのカスタマイズ方法。