ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サンプル時間

ブロックの実行レートの制御、離散、連続またはハイブリッドのサンプル時間の割り当て

関数

Simulink.BlockDiagram.getSampleTimesモデルに関連付けられているすべてのサンプル時間を返す
Simulink.Block.getSampleTimesブロックのサンプル時間情報を返す

クラス

Simulink.SampleTimeサンプル時間の情報を含むオブジェクト
Simulink.BlockPortDataブロックの入力端子または出力端子を記述

例および操作のヒント

サンプル時間の指定

サンプル時間情報のプログラムによる対話形式での指定およびアクセス方法。

サンプル時間情報の表示

サンプル時間の情報に対話形式でアクセスする方法。

レート変換の関連付け

Simulink® で異なるブロック サンプル時間によって生じたブロック間のレート変換を解決する方法。

概念

サンプル時間とは

ブロックのサンプル時間は、ブロックが出力を生成する時期またはその内部状態を更新する時期を示します。

サンプル時間のタイプ

Simulink でのサンプル時間の表し方と分類方法を理解します。

サンプル時間が推奨されないブロック

モデリングのサンプル時間のベスト プラクティス。

サブシステム内のサンプル時間

Simulink でバーチャル サブシステムと Enabled Subsystem のサンプル時間を計算する方法。

システム内のサンプル時間

Simulink で離散システムとハイブリッド システムのサンプル時間を計算する方法。

ブロックのコンパイルされたサンプル時間

シミュレーション中にブロックのサンプルレートにアクセスする方法。

伝播が継承サンプル時間に影響を与える方法

ブロックでサンプル時間を継承する方法。

サンプル時間の逆伝播

サンプル時間の逆伝播の仕組み。

実行領域の指定

モデルまたはサブシステムに離散ダイナミクスを適用する