ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サンプル時間情報の表示

サンプル時間の表示

Simulink® モデルは、特定のサンプル時間を表す色の設定と注釈を表示できます。各サンプル時間タイプには 1 つ以上の色が関連付けられています。ブロックと信号線を色で表示するか、注釈を黒で表示するか、または両方を表示できます。以下のオプションのいずれかを選択するには、次を実行します。

  1. Simulink モデル ウィンドウで、[情報表示][サンプル時間] を選択します。

  2. [色][注釈]、または [すべて] を選択します。

[すべて] を選択すると、色と注釈の両方が表示されます。選択にかかわらず、Simulink によって [ブロック線図の更新] が自動的に実行されます。色と注釈を非表示するには、以下のようにします。

  1. [情報表示][サンプル時間] を選択します。

  2. [オフ] を選択します。

Simulink によって [ブロック線図の更新] が再度自動的に実行されます。

サンプル時間の表示の選択肢は、[サンプル時間の凡例] が表示する情報を直接制御します。

メモ

サンプル時間情報の指定の表の離散サンプル時間は特殊なケースを表しています。5 つの色は、1 ~ 5 番目に高速な離散レートの速度を示します。6 番目のオレンジの色は、5 番目の離散レートよりも遅いレートすべてを表します。これらの遅いレートは、対応する信号線の注釈を見ると区別がつきます。

サンプル時間の凡例

サンプル時間の凡例は、個々のモデルまたは複数のモデルに対して表示できます。また、[サンプル時間] メニューのオプションを選択するときに凡例が自動的に表示されないようにすることもできます。

凡例の表示

ブロック線図を容易に解釈できるようにするために、サンプル時間の凡例にはサンプル時間の色、注釈、説明、およびモデル内の各サンプル時間の値が含まれています。凡例を表示するには、次の手順を実行します。

  1. Simulink モデル ウィンドウで、[シミュレーション][ブロック線図の更新] を選択します。

  2. [情報表示][サンプル時間][サンプル時間の凡例] を選択するか、Ctrl + J キーを押します。または、[サンプル時間] メニューから [すべて] を選択します。

さらに、[色] または [注釈] を選択すると、既定により Simulink によってモデル ブロック線図が更新され、凡例が表示されます。凡例の内容は、[サンプル時間の表示] で行った選択を反映しています。既定の設定の場合、または [オフ] を選択した場合、凡例にはサンプル時間の説明と値が含まれます。色を選択した場合は、各説明の横に対応する色が表示されます。同様に、注釈を選択した場合は、凡例に注釈が表示されます。

非同期および可変サンプル時間の場合、凡例にはサンプル時間の値の代わりにサンプル時間を制御するブロックのリンクが表示されます。これらのリンクをクリックすると、ブロック線図内の対応するブロックが強調表示されます。サンプル時間の Controller ブロックが参照モデル内にあり、最上位モデルにない場合、凡例には参照モデル内のブロックへのリンクが表示されます。Controller ブロックに移動するには、参照モデルを入力します。

これらのブロックには単一の代表的なサンプル時間がないため、リストされているレートはハイブリッド モデルで適用されません。

離散値を 1/周期で表示するチェック ボックスは、離散レートがある場合に有効です。オンにすると、非ゼロのオフセットはオフセット/期間として表示されるため、離散期間は 1/周期として表示されます。この図を見れば、1/周期の値とモデル内で強調表示される対応ブロックがわかります。

ラジオ ボタンをクリックして、凡例に表示される各レートに対応するブロックを強調表示できます。一度に 1 つのレートを選択して、対応するブロックを強調表示します。[強調表示をクリア] ボタンで、モデルから強調表示がクリアされます。

メモ

[サンプル時間の凡例] には、モデル内のサンプル時間が、ブロックに関連付けられていないものも含めてすべて表示されます。たとえば、固定ステップ サイズが 0.1 で、すべてのブロックのサンプル時間が 0.2 の場合は、両方のレート (0.1 と 0.2) が凡例に表示されます。

凡例のその後の表示では、ブロック線図を更新して最新の既知の情報にアクセスします。

凡例の非表示

[サンプル時間の表示] の選択時に凡例を非表示にするには、以下のようにします。

  1. Simulink エディターで、[ファイル][Simulink 設定] を選択します。

  2. [一般] ペインで、[サンプル時間の表示が変更されるときにサンプル時間の凡例を開く] をクリアし、[適用] をクリックします。

複数の凡例の表示

1 つを超えるモデルが開いているときに、各モデルの [サンプル時間の凡例] を表示する場合は、複数のタブを含む 1 つの凡例ウィンドウが表示されます。各タブにはモデルの名前および対応する凡例情報が含まれています。次の図は、f14 モデルと vdp モデルのタブ付きの凡例を示しています。

モデル全体でのサンプル時間の検査

モデル データ エディター ([ツール表示][モデル データ エディター]) には、モデル データに関する情報 (信号、パラメーター、状態) がソートおよび検索可能なテーブルに表示されます。[Sample Time] 列には、モデル内の各信号に指定されたサンプル時間が表示されます。ブロック線図を更新すると、この列には各信号が使用する特定のサンプルが表示されます (たとえば、継承されるサンプル時間を指定する信号の場合は、-1)。またこの列を使用して、サンプル時間を指定することもできます。

モデル データ エディターの詳細については、モデル データ エディターを使用したデータ プロパティの設定を参照してください。

参考

| |