Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション ステッパー

ステップ単位でのシミュレーションの実行による問題の特定、シミュレーション時間内の特定の時点までステップを前後に移動する

シミュレーション ステッパーは、シミュレーションのメジャー タイム ステップをステップ実行することでシミュレーションのデバッグに役立ち、結果を表示して、システムの状態がいつ、どのように変化するかを検査します。

個々のタイム ステップを使用して、シミュレーション時間内の特定の瞬間にステップを進めたり戻したりできます。タイム ステップごとに、ステッパーはモデルが生成するすべてのシミュレーション データを表示します。またデバッグ セッションの一部としてブレークポイントを設定できます。

例および操作のヒント

シミュレーションのステップ実行

シミュレーションのステップ実行でステップを進める/戻す

シミュレーションのステップ実行に対する条件付きブレークポイントの設定

条件付きブレークポイントを使用してシミュレーションを一時停止する。

概念

シミュレーション ステッパーをモデル解析に利用する方法

シミュレーション ステッパーについて学びます

シミュレーションのステップ実行の仕組み

シミュレーションのスナップショット実行の仕組みについて学びます。

シミュレーション ステッパーの使用

シミュレーションのステップ実行の方法

シミュレーション ステッパーの制限

シミュレーション ステッパーをサポートするブロックとモデル作成の構成

シミュレーション ステップ オプション

シミュレーションのステップ実行を制御するためのパラメーター