最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

診断

モデルの診断の表示、診断チェックの設定とカスタマイズ、診断ビューアーのレイアウトの説明

Simulink® では、モデルで Simulink 操作の実行中に特定の条件が検出された場合、診断メッセージが表示されます。診断メッセージはエラー、情報または警告のカテゴリーで取得されます。

診断メッセージは、コマンド ラインの操作中に発生する場合はコマンド ウィンドウに表示され、Simulink ユーザー インターフェイスの操作中に発生する場合は診断ビューアーに表示されます。たとえば、コマンド sim(bdroot) を MATLAB® コマンド プロンプトで使用してモデルをシミュレートする場合、診断メッセージはコマンド ウィンドウに表示されます。しかし、シミュレーションを Simulink ツールストリップから実行すると、診断メッセージは診断ビューアーに表示されます。

診断メッセージはカスタマイズできます。また、ソフトウェアがチェックする条件をカスタマイズしてエラーまたは警告のどちらかを生成することもできます。

モデルの診断は診断ビューアー ユーザー インターフェイスに表示されます。診断ビューアーの詳細については、トピック診断の表示を参照してください。

また特定の信号の条件をチェックするために、Model Verification ブロックをモデルに追加することもできます。Model Verification の詳細については、モデル アドバイザー チェックの実行にリストされているトピックを参照してください。

関数

sldiagnosticsSimulink システムに関する診断情報の表示
Simulink.restoreDiagnostic特定のブロック、サブシステム、またはモデルに対する診断の警告を元に戻す
Simulink.suppressDiagnostic特定のブロックからの診断を非表示にする
Simulink.getSuppressedDiagnostics ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。
Simulink.BlockDiagram.getChecksumモデルのチェックサムを返す
Simulink.SubSystem.getChecksum非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
Simulink.getSuppressedDiagnostics ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。
Simulink.suppressDiagnostic特定のブロックからの診断を非表示にする
Simulink.restoreDiagnostic特定のブロック、サブシステム、またはモデルに対する診断の警告を元に戻す
modeladvisorモデル アドバイザーを開く
sldebugシミュレーションをデバッグ モードで開始
addtermsモデル内の接続されていない端子にターミネータを追加

クラス

Simulink.SuppressedDiagnostic指定されたブロックからの診断メッセージを非表示にする

トピック

診断ビューアー

診断の表示

診断ビューアーのユーザー インターフェイスの紹介

エラーと警告の系統的診断

エラーと警告を系統的に特定および検索します。

プログラムによる診断メッセージのレポート

関数 sldiagviewer を使用して、診断メッセージを生成、表示およびログに記録

プログラムによる診断メッセージの非表示

プログラムによる診断メッセージの非表示および復元。

診断メッセージのカスタマイズ

エラー メッセージをカスタマイズした、テキストおよびハイパーリンクの表示