Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.getSuppressedDiagnostics

ブロック、サブシステム、またはモデルに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを返します。

説明

suppressed_diagnostics = Simulink.getSuppressedDiagnostics(source) は、指定されたソースに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトの配列を返します。

すべて折りたたむ

プログラムによる診断メッセージの非表示のモデルを使用して、指定されたブロックに関連付けられたすべての非表示の診断を取得します。

関数 Simulink.suppressDiagnostic を使用して、Constant ブロック one によってスローされたパラメーターの桁落ちに関する警告を非表示にします。

Simulink.suppressDiagnostic('Suppressor_CLI_Demo/one',...
 'SimulinkFixedPoint:util:fxpParameterPrecisionLoss');

ブロックに関連付けられた Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトを取得します。

suppressed_diagnostic = Simulink.getSuppressedDiagnostics('Suppressor_CLI_Demo/one')
suppressed_diagnostic = 

  SuppressedDiagnostic with properties:

            Source: 'Suppressor_CLI_Demo/one'
                Id: 'SimulinkFixedPoint:util:fxpParameterPrecis…'
    LastModifiedBy: ''
          Comments: ''
      LastModified: '2016-Jul-04 14:12:24'

入力引数

すべて折りたたむ

診断のソース。モデル、サブシステム、ブロック パス、ブロック ハンドル、ブロック パスの cell 配列、またはブロック ハンドルの cell 配列として指定します。

ブロック パスを取得するには、関数 gcb を使用します。

ブロック ハンドルを取得するには、関数 getSimulinkBlockHandle を使用します。

データ型: char | cell

出力引数

すべて折りたたむ

非表示にされた診断。Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトの配列として返されます。

R2016b で導入