最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SuppressedDiagnostic クラス

パッケージ: Simulink

指定されたブロックからの診断メッセージを非表示にする

説明

Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトには、シミュレーション中のスローから非表示にされている診断の警告またはエラーに関連する情報が含まれています。

作成

Simulink® の診断ビューアーには、特定の診断を非表示にするオプションがあります。この機能によって、モデル内の特定のオブジェクトに関する警告またはエラーを非表示にできます。診断ビューアーの警告の隣にある [非表示にする] ボタンをクリックすると、指定されたソースからの警告が非表示になります。この操作で、Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトが作成されます。このオブジェクトには、MATLAB® コマンド ラインで関数 Simulink.getSuppressedDiagnostics を使用してアクセスできます。非表示にされた診断のコメントを追加できます。[元に戻す] をクリックすることで、診断を元に戻すことができます。

DiagnosticObject = Simulink.SuppressedDiagnostic(source, message_id) は、非表示にされた診断オブジェクトを作成します。このオブジェクトは、source で指定されたブロックがスローした message_id の示す診断のすべてのインスタンスを非表示にします。

入力引数

すべて展開する

診断のソース。モデル、サブシステム、ブロック パス、ブロック ハンドル、ブロック パスの cell 配列、またはブロック ハンドルの cell 配列として指定します。

ブロック パスを取得するには、関数 gcb を使用します。

ブロック ハンドルを取得するには、関数 getSimulinkBlockHandle を使用します。

データ型: char | cell | string

診断のメッセージ識別子。文字ベクトル、または string として指定します。シミュレーションに関連付けられた Simulink.SimulationMetadata オブジェクトの ExecutionInfo プロパティにアクセスすることで、シミュレーション中にスローされた診断のメッセージ識別子を検出できます。また、関数 lastwarn を使用することもできます。

データ型: char | string

プロパティ

すべて展開する

非表示オブジェクトに関連付けられたコメント。文字ベクトルとして指定します。このプロパティはオプションです。

データ型: char

非表示にされた診断のメッセージ識別子。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

非表示オブジェクトが最後に変更された日付と時刻。文字ベクトルとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

データ型: char

非表示オブジェクトを最後に追加または編集したユーザーの名前。文字ベクトルとして指定します。このプロパティはオプションです。

データ型: char

非表示にされた診断をもつモデル オブジェクトのブロック パス。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

メソッド

restore指定された診断の非表示を削除する
suppressSimulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトで指定された診断を非表示にする

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

プログラムによる診断メッセージの非表示のモデルを使用して、診断の非表示を作成してから元に戻します。

Simulink.SuppressedDiagnostic オブジェクトの suppression を作成し、Constant ブロック one によってスローされたパラメーターの桁落ちに関する警告を非表示にします。

suppression = Simulink.SuppressedDiagnostic('Suppressor_CLI_Demo/one',...
'SimulinkFixedPoint:util:fxpParameterPrecisionLoss');

パラメーターの桁落ちに関する警告は、このモデルの以降のシミュレーションではスローされません。

オブジェクトの LastModifiedBy プロパティと Comments プロパティを編集することで、アカウンタビリティの情報をオブジェクトに追加します。

suppression.LastModifiedBy = 'John Doe';
suppression.Comments = 'Reviewed: Joe Schmoe'
suppression = 

  SuppressedDiagnostic with properties:

            Source: 'Suppressor_CLI_Demo/one'
                Id: 'SimulinkFixedPoint:util:fxpParameterPrecisionLoss'
    LastModifiedBy: 'John Doe'
          Comments: 'Reviewed: Joe Schmoe'
      LastModified: '2016-Jun-01 17:25:21'

restore メソッドを使用して、診断を元に戻すことができます。

restore(suppression);

R2016b で導入