最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gcb

現在のブロックのパス名を取得

説明

bl = gcb は、現在のシステム内にある現在のブロックの絶対ブロック パス名を返します。現在のブロックは以下のものを意味します。

  • 最後にクリックされたブロック

  • 対応する MATLAB® 関数を現在実行している S-Function ブロック

  • コールバック ルーチンが実行中のブロック

  • MaskInitialization のパラメーター評価の一部としてマスクが評価されるブロック

  • モデルを開いた後で最後に読み込まれたブロック

bl = gcb(sys) は、指定したシステム内の現在のブロックの絶対ブロック パス名を返します。最初にシステムを読み込んでください。

すべて折りたたむ

モデルを開きます。

vdp

モデル内のブロックを選択します。たとえば Gain ブロックを選択します。次に、コマンド プロンプトで gcb と入力します。

gcb
ans =

vdp/Mu

モデルを開きます。

vdp

Gain ブロックを選択します。

get_paramgcb の値を使用し、Gain パラメーターの値を取得します。

x = get_param(gcb,'Gain')
x =

1

モデルを読み込みます。

load_system('sldemo_fuelsys');

fuel_rate_control サブシステム内の現在のブロックを取得します。

bl = gcb('sldemo_fuelsys/fuel_rate_control')
bl =

sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/validate_sample_time

入力引数

すべて折りたたむ

ブロックを含むシステム。文字ベクトルとして指定します。

例: 'vdp' 'sldemo_fuelsys/fuel_rate_control'

R2006a より前に導入