ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lastwarn

最近の警告メッセージを出力

説明

msg = lastwarn は、警告の表示状態に関係なく、MATLAB® が生成した前回の警告メッセージを返します。

[msg,msgID] = lastwarn は、msg に関連付けられたメッセージ識別子も返します。

[___] = lastwarn(newMsg,newID) は、前回の警告メッセージと前回の警告識別子を設定します。その後の関数 lastwarn の呼び出しは新しい警告メッセージを返し、要求された場合は新しいメッセージ識別子を返します。この構文では、前述の構文の任意の出力引数を使用できます。

すべて折りたたむ

警告メッセージを表示します。

warning('Message 1.')
Warning: Message 1.

関数 lastwarn を呼び出して前回の警告メッセージを表示します。

msg = lastwarn
msg =

    'Message 1.'

現在の警告設定を保存してから、すべての警告を無効にします。

origState = warning;
warning('off')

異なるメッセージを指定して、関数 warning を呼び出します。警告は表示されません。

warning('Message 2.')

関数 lastwarn を呼び出します。MATLAB は、前回の警告メッセージを表示しなかったにもかかわらず、これを返します。

msg = lastwarn
msg =

    'Message 2.'

保存された警告状態に戻します。

warning(origState)

警告メッセージ識別子は、警告を非表示にするためによく使用されます。識別子を調べるには、関数 lastwarn を使用します。

特異行列の警告を生成します。

A = eye(2);
B = [3 6; 4 8];
C = B\A;
Warning: Matrix is singular to working precision.

警告の識別子を調べます。

[msg,msgID] = lastwarn;
msg =

    'Matrix is singular to working precision.'


msgID =

    'MATLAB:singularMatrix'

現在の警告状態を保存して、特定の警告を無効にします。元の計算を再び実行します。今回は警告が表示されません。

warnStruct = warning('off',msgId);
C = B\A;

以前の警告状態に戻します。

warning(warnStruct);

入力引数

すべて折りたたむ

前回の警告の新しいメッセージ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。その後の関数 lastwarn の呼び出しは、新しいメッセージを返します。

新しいメッセージを空の文字ベクトル ('') または空の string スカラー ("") として設定できます。

例: 'Warning message to display.'

前回の警告の識別子。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。メッセージ識別子を使用すると、エラー原因の特定に役立ち、また選択したエラーのサブセットをプログラム内で制御できます。

メッセージ識別子には componentmnemonic が含まれます。識別子は必ずコロンを含まなければならず、component:mnemonic というシンプルな形式に従います。component フィールドおよび mnemonic フィールドはそれぞれ、英字で始まっていなければなりません。残りの文字には英数字 (A ~ Z、a ~ z、0 ~ 9) とアンダースコアを使用できます。newID に空白文字を含めることはできません。詳細については、メッセージ識別子を参照してください。

例: 'MATLAB:singularMatrix'

例: 'MyProject:myFunction:notEnoughInputs'

出力引数

すべて折りたたむ

警告の表示状態に関係なく MATLAB が生成した前回の警告メッセージ。文字ベクトルとして返されます。

前回の警告の識別子。文字ベクトルとして返されます。警告に識別子が定義されていない場合、lastwarnmsgID に空の文字ベクトルを返します。

R2006a より前に導入