最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

エラー処理

警告とエラーの生成とキャッチおよび対応

コードをよりロバストにするには、エッジ ケースや問題のある状態がないかをチェックします。最も簡単な方法は、if ステートメントまたは switch ステートメントを使用して特定の状態をチェックし、エラーまたは警告を発行することです。try/catch ステートメントを使用すると、あらゆるエラーをキャッチして対応できます。

MATLAB 言語構文

try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ

関数

errorエラーのスローとメッセージの表示
warning警告メッセージの表示
lastwarn最近の警告メッセージを出力
assert条件が false の場合にエラーをスロー
onCleanup関数完了時のクリーンアップ作業

トピック

警告とエラーの表示

プログラムの実行時に予期せぬ状態を知らせるには、警告を発行します。プログラム内の致命的な問題を知らせるには、エラーをスローします。警告とは異なり、エラーはプログラムの実行を停止します。

警告の非表示

プログラムで表示する警告の内容は、実行に悪影響を及ぼすことだけではありません。混乱を避けるため、メッセージの状態を 'on' から 'off' に変更して、実行中に警告メッセージが表示されないようにできます。

警告の復元

警告の現在の状態の保存、警告の状態の変更、元の警告の状態の復元を行うことができます。この手法は、いくつかの警告を一時的に無効にし、後で元の設定に戻す場合に便利です。

警告の表示方法の変更

警告を非表示にするための情報の表示やスタック トレースの表示を含め、MATLAB® での警告の表示方法を制御できます。

try/catch を使用したエラー処理

try/catch ステートメントを使用して、プログラムでエラーが発生した後にコードを実行します。

関数完了時のクリーンアップ

他のプログラム コードに干渉しないよう、プログラム環境をクリーンアップすることを心がけてください。