最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数の基礎

無名関数、ローカル関数、入れ子関数などの関数の作成

関数には一連のコマンドが含まれており、入力を受け入れて出力を返すことができます。名前付き関数は、コマンド ラインではなく、プログラム ファイル内で定義しなければなりません。関数を定義するには、次の構文を使用します。

function [y1,...,yN] = myfun(x1,...,xM)
ここで、y1,...,yN は出力、x1,...,xM は入力、myfun は関数名です。詳細については、関数のファイルでの作成を参照してください。

MATLAB 言語構文

function関数名、入力および出力の宣言

トピック

関数のファイルでの作成

この例では、関数をプログラム ファイルで作成する方法を説明します。

プログラムへのヘルプの追加

ヘルプ テキストは、help 関数を使用するときにコマンド ウィンドウに表示されます。プログラムの冒頭にコメントを挿入してヘルプ テキストを作成します。

関数用の [実行] ボタンの構成

[実行] ボタンを構成することにより、何らかの初期設定が必要な関数をエディターから実行する。

関数のタイプ

MATLAB® で使用できる関数には、ローカル関数、入れ子関数、プライベート関数、無名関数など、いくつかのタイプがあります。

関数の優先順位

現在のスコープに同じ名前の関数が複数存在する場合、MATLAB は関数の優先順位を使用して、呼び出す関数を判別します。

関数呼び出しの結果へのインデックス付け

このトピックでは、関数呼び出しによって作成された一時変数にドット インデックスを付ける方法を説明します。

トラブルシューティング

入れ子関数と無名関数の変数

入れ子関数および無名関数で使用される変数は、コードのテキスト内になければなりません。無名関数、入れ子関数または入れ子関数を動的に含む関数のワークスペースに変数を追加すると、MATLAB でエラーが発生します。