Main Content

変数のスコープ指定と名前の生成

関数またはワークスペース間でのデータの共有、有効な変数名の生成

各関数には、スクリプトやコマンド ライン用に予約されているベース ワークスペースとは別に、独自のワークスペースがあります。関数間のデータの受け渡しに推奨される方法については、ワークスペース間でのデータの共有を参照してください。

関数

すべて展開する

persistent永続変数の定義
assignin指定ワークスペースの変数に値を割り当てる
global変数のグローバルとしての宣言
mlock関数やスクリプトがメモリからクリアされるのを防止
munlock関数またはスクリプトをメモリからクリアできるようにする
mislockedメモリ内で関数またはスクリプトがロックされているかどうかを判定
isvarname入力が有効な変数名かどうかを判別
matlab.lang.makeUniqueStrings入力文字列からの一意の文字列の作成
matlab.lang.makeValidName入力文字列からの有効な MATLAB 識別子の作成
namelengthmax識別子の最大長を出力

トピック

トラブルシューティング

エラーの解決: 静的なワークスペースへの変数追加の試み

入れ子関数および無名関数に変数を追加しようとするときに発生するエラーのトラブルシューティング。入れ子関数および無名関数で使用される変数は、コードのテキスト内になければなりません。無名関数、入れ子関数または入れ子関数を動的に含む関数のワークスペースに変数を追加すると、MATLAB でエラーが発生します。