ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

namelengthmax

識別子の最大長を出力

構文

l = namelengthmax

説明

l = namelengthmax は、MATLAB® 識別子で使用可能な最大長を返します。MATLAB 識別子には次が含まれます。

  • 変数名

  • 構造体フィールド名

  • スクリプト名、関数名、クラス名

  • モデル名

プログラムに特定の最大名前長をハードコードするのではなく、関数 namelengthmax を使用します。これにより、将来の MATLAB リリースで識別子の長さが変更された場合に、コード内でこの制限を更新する必要がなくなります。

すべて折りたたむ

l = namelengthmax
l = 63

R2006a より前に導入