最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SubSystem.getChecksum

非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す

説明

[checksum,details] = Simulink.SubSystem.getChecksum(subsys) は、指定された非バーチャル サブシステムのチェックサムを返します。Simulink® は、サブシステムのパラメーター設定とそのサブシステムに含まれているブロックに基づいて、チェックサムを計算します。バーチャル サブシステムにはチェックサムがありません。

このコマンドの使用法の 1 つは、サブシステム用に生成されたコードが再利用される理由を調べることです。

メモ

Simulink.SubSystem.getChecksum は、モデルがまだコンパイルされていない場合、指定したサブシステムを含むモデルをコンパイルします。複数のサブシステムのチェックサムを取得し、複数のコンパイルを回避する場合は、model([], [], [], 'compile') コマンドを使用してモデルをコンパイルしてから Simulink.SubSystem.getChecksum を使用します。

このコマンドは、引数 subsys を受け取ります。これは、チェックサム データを返す非バーチャル サブシステムのブロックの完全な名前またはハンドルです。

すべて折りたたむ

モデル rtwdemo_ssreuse に対して関数 Simulink.SubSystem.getChecksum を実行します。MATLAB エディター ウィンドウでは、両方の出力構造体が表示されます。[ワークスペース] ペインで、いずれかの構造体をダブルクリックしてコンテンツを確認します。

モデル rtwdemo_ssreuse を読み込みます。

rtwdemo_ssreuse

サブシステム SS1 を選択し、MATLAB エディターで以下のコード行を実行して、完全な名前とサブシステム SS1 へのパスを取得します。

path_ss1 = gcb

次のコマンドを使用して、サブシステム上で関数 getChecksum を実行します。

[chksum1, chksum1_details] = Simulink.SubSystem.getChecksum(path_ss1)

出力構造体 chksum1chksum1_details によって、関数 getChecksum の呼び出しの出力が保存されます。

chksum1 = 

  struct with fields:

           Value: [4×1 uint32]
    MarkedUnique: 0


chksum1_details = 

  struct with fields:

          ContentsChecksum: [1×1 struct]
         InterfaceChecksum: [1×1 struct]
     ContentsChecksumItems: [359×1 struct]
    InterfaceChecksumItems: [60×1 struct]

入力引数

すべて折りたたむ

チェックサムを計算する非バーチャル サブシステムの完全な名前を入力します。

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

チェックサム情報。次のフィールドを含む構造体として返されます。

チェックサム情報。次のフィールドを含む構造体として返されます。

次のフィールドを含む構造体配列が返されます。

次のフィールドを含む構造体配列が返されます。

R2006b で導入