最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

速度の向上

アクセラレータ モードとラピッド アクセラレータ モードによるシミュレーション速度の向上

モデルを変更せずにシミュレーションをより高速に実行するには、アクセラレータ モードおよびラピッド アクセラレータ モードを使用してください。詳細は、アクセラレーションとはを参照してください。

関数

sim動的システムのシミュレーション
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTargetモデルのラピッド アクセラレータ ターゲットをビルドして実行時パラメーター セットを返す
Simulink.BlockDiagram.getChecksumモデルのチェックサムを返す
Simulink.SubSystem.getChecksum非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド

例および操作のヒント

効果的に高速化するためのモデル設計

アクセラレーションを使用する場合に適用する手法

高速化の実行

高速化されたモデルの構成と実行方法

アクセラレータ モードのプログラムによる操作

コマンド ライン パラメーターの使用方法

Simulink デバッガーでのアクセラレータ モードの実行

デバッガーでアクセラレータ モードを使用する方法

アクセラレーション モードでパフォーマンスを改善する方法

加速のパフォーマンスを向上する方法

概念

アクセラレーションとは

アクセラレータ モードとラピッド アクセラレータ モードを紹介します。

アクセラレータ モードの動作

ノーマル モード、アクセラレータ モードおよびラピッド アクセラレータ モードを比較対照します。

シミュレーション モードの選択

シミュレーションのニーズに基づいて、シミュレーションをノーマル モード、アクセラレータ モード、ラピッド アクセラレータ モードで実行することを選択します。

高速化されたモデルでのコードの再生成

コードが再生成される状態を説明します。

パフォーマンスの比較

加速のトレードオフの理解とパフォーマンスの測定

注目の例