最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTarget

モデルのラピッド アクセラレータ ターゲットをビルドして実行時パラメーター セットを返す

構文

rtp = Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTarget(mdl)

説明

rtp = Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTarget(mdl) は、モデル mdl のラピッド アクセラレータ ターゲットをビルドし、実行時パラメーター セット rtp を返します。

入力引数

mdl

Simulink モデルの名前またはハンドル

出力引数

rtp

2 つの要素を含んだ実行時パラメーター セット:

要素説明
modelChecksumモデルの構造をエンコードする 1 行 4 列のベクトル。
parameters モデル内の調整可能なパラメーターの構造体。この構造体には、次のフィールドがあります。
フィールド説明
dataTypeNameデータ型の名前、たとえば double
dataTypeIdSimulink® Coder™ で使用される内部データ型識別子。
complex複素数型または実数型の指定。実数型は 0、複素数型は 1 です。
dtTransIdxSimulink Coder で使用される内部データ型識別子。
valuesparameters サブ構造体内でこのエントリに関連付けられたすべての値。
map値とモデルの調整可能なパラメーターを関連付けるマッピング構造体情報。この構造体には、次のフィールドがあります。
フィールド説明
Identifier調整可能なパラメーターの名前。
ValueIndices値フィールドの開始インデックスと終了インデックス、[startIdx, endIdx]
Dimensions調整可能なパラメーターの次元 (一般に、行列は列優先の形式で保存)。

すべて折りたたむ

MATLAB® コマンド ウィンドウで以下のように入力します。

rtp = Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTarget('f14')
### Building the rapid accelerator target for model: f14
### Successfully built the rapid accelerator target for model: f14

rtp = 

    modelChecksum: [2.6812e+09 2.7198e+09 589261472 4.0180e+09]
       parameters: [1x1 struct]
R2012b で導入