最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アクセラレーション モードでパフォーマンスを改善する方法

手法

モデルを加速するときに最大のパフォーマンスを得るには、以下のようにします。

  • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの設定は以下のとおりです。

    設定内容...目的...
    ソルバーデータの不整合なし
    配列範囲の超過なし
    信号ストレージの再利用選択

  • Stateflow® デバッグとアニメーションを無効にします。

  • 大量のデータのログを作成する場合 (たとえば、Workspace I/O、To Workspace、To File、または Scope ブロック の使用時) は、間引きを使用するか出力を制限して、シミュレーションの後半のみを出力します。

  • 生成プロセスをカスタマイズして、シミュレーション速度を向上させます。詳細については、ビルド プロセスのカスタマイズを参照してください。

C コンパイラ

Microsoft® Windows® オペレーティング システムを実行しているコンピューターでは、アクセラレータ モードとラピッド アクセラレータ モードは、MathWorks® がモデルのコンパイル用に提供している既定の 64 ビット C コンパイラを使用します。PC に C コンパイラをインストールしている場合は、それを使用するように mex コマンドを構成することもできます。C コンパイラが加速をさらに向上させるような高度に最適化されたコードを生成する場合は、この方法をお勧めします。

メモ

サポートされているコンピューティング プラットフォームすべてについて、MATLAB® ソフトウェアと互換性のある 32 ビットおよび 64 ビットの C コンパイラの最新リストを確認するには、下記を参照してください。

https://www.mathworks.com/support/compilers/current_release/

関連する例

詳細