Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.getFileChecksum

ファイルのチェックサム

説明

checksum = Simulink.getFileChecksum(filename) は MD5 チェックサム アルゴリズムを使用して、指定したファイルのチェックサムを返します。チェックサムを使用して、以前のチェックサムと比べてファイルが変更されたかどうかを確認します。チェックサムは監査証跡の一環として使用できます。

Simulink.getFileChecksum を使用して任意のファイルのチェックサムを取得します。ファイルの内容が前のチェックサムから変更されていない場合、Simulink.getFileChecksum からのチェックサムは同じまま残ります。それ以外の場合、チェックサムはファイルの内容への変更ごとに異なります。

モデルに関する機能的な情報については、代わりに Simulink.BlockDiagram.getChecksum を使用します。Simulink.BlockDiagram.getChecksum はモデルの機能的側面を確認します。機能的側面に変更がない場合、Simulink.BlockDiagram.getChecksum は同じチェックサムを返します。

たとえば、ブロックを移動した場合、ファイルの内容は異なりますが (Simulink.getFileChecksum で測定) モデルの機能は変更されません (Simulink.BlockDiagram.getChecksum で測定)。

すべて折りたたむ

fullfile を使用してファイルの絶対パスを指定し、チェックサムを取得します。

filechecksum = Simulink.getFileChecksum(fullfile(matlabroot,'toolbox',...
'matlab','demos','gatlin.mat'));

入力引数

すべて折りたたむ

チェックサムを取得するファイル名。ファイル拡張子を含み、オプションで絶対パスを指定します。fullfile を使用してファイルの絶対パスを指定するか、形式 'C:\Work\filename.mat' を使用します。

例: 'lengthofline.m'

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

32 文字のベクトルのチェックサム値。

R2014b で導入