ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パフォーマンスの手動最適化

モデル設定を手動で最適化する、パフォーマンスのボトルネックを特定し解決する

これらの最適化手法を手動でいくつか使用することで、モデルのシミュレーションをより高速に実行することができます。詳細については、最適化手法によるパフォーマンスと精度の改善を参照してください。

関数

slprofreport以前の実行で保存されたデータ、ProfileData からのプロファイラー レポートの再生成
sldiagnosticsSimulink システムに関する診断情報の表示

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

例および操作のヒント

シミュレーションの高速化

シミュレーションの速度を改善する手法。

シミュレーション精度の確認と改善

シミュレーション精度と不適切なシミュレーションを解釈する方法。

プロファイラーによるパフォーマンス データの取得

プロファイラーを使用してシミュレーションの速度を低下させるモデルの部分を特定する方法。

概念

最適化手法によるパフォーマンスと精度の改善

最適化手法を使用してモデルの動作を理解し、モデル設定を変更してパフォーマンスと精度を改善する。

パフォーマンスを改善するモデル化手法

モデルのパフォーマンスを改善する手法。

複数のシミュレーションの実行

複数のシミュレーションを parsim および batchsim コマンドから直接実行する。

注目の例