Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: Simulation Target

[シミュレーション ターゲット] カテゴリには、モデルのシミュレーション ターゲットを設定するためのパラメーターが含まれます。

パラメーター説明

カスタム コードのインポート

カスタム コードを解析し、モデル内の未解決のシンボルをレポートするかどうかを指定します。この設定は、モデル内のすべての C チャート (ライブラリ リンク チャートを含む) に適用されます。

言語カスタム コードをコンパイルおよび解析する言語を指定します。
GPU による高速化

NVIDIA® GPU 上で MATLAB Function ブロックを高速化するかどうかを指定します。このオプションには GPU Coder™ ライセンスが必要です。

ハードウェア アクセラレーション

ハードウェア アクセラレーションを使用するかどうか、およびハードウェア アクセラレーションのレベルを選択します。

ソース ファイル

生成されたソース コード ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

ヘッダー ファイル

生成されたヘッダー ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

初期化関数

シミュレーションの開始時に 1 回実行されるコード ステートメントを入力します。

終了関数

シミュレーションの終了時に実行されるコード ステートメントを入力します。

インクルード ディレクトリ

コンパイルされたターゲットに含めるファイルが格納されているフォルダー パスのリストを指定します。

ソース ファイル

コンパイルしてターゲットにリンクするソース ファイルのリストを指定します。

ライブラリ

ターゲットにリンクするカスタム オブジェクト コードを含むスタティック ライブラリまたは共有ライブラリ、あるいはその両方のリストを指定します。

定義

コンパイラ コマンド ラインに追加するプリプロセッサ マクロ定義を指定します。

ローカルなカスタム コード設定を使用 (メイン モデルから継承しません)

メイン モデルから一意のカスタム コード設定をライブラリ モデルで使用できるかどうかを指定します。(このパラメーターは読み取り専用です)

カスタム コードのシミュレーションを別のプロセスで行うモデルのシミュレーション中に、カスタム コードを MATLAB® の外の別のプロセスで実行します。
カスタム コード解析を有効にするカスタム コードの Simulink® Coverage™ および Simulink Design Verifier™ サポートを有効にするかどうかを指定します。
グローバル変数を関数インターフェイスとして有効にするC Caller カスタム コード内のグローバル変数の動作を指定します。
未定義の関数の処理

C Caller ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、または Stateflow® チャートによって呼び出されるすべての外部 C 関数について、未定義の関数の動作を指定します。

Deterministic functionsカスタム コード関数が確定的かどうかを指定します。
関数別に指定どのカスタム コード関数が確定的かを指定します。
既定の関数配列のレイアウト

C Caller ブロックにより使用される、すべての外部 C 関数の既定の配列レイアウトを指定します。

関数による例外

C Caller ブロックにより使用される、各外部 C 関数の配列レイアウトを指定します。

予約名

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または Truth Table ブロックを含むモデルのカスタム コード内で指定した変数または関数の名前に一致する生成コード内の変数または関数の名前を入力します。

ターゲット ライブラリ (Simulink Coder)

シミュレーションに使用するターゲット深層学習ライブラリを指定します。

[MKL-DNN] には Simulink Coder™ のライセンスが必要です。

[cuDNN] または [TensorRT] には GPU Coder のライセンスが必要です。

自動調整 (Simulink Coder)

cuDNN ライブラリの自動調整を使用します。自動調整を有効にすると、cuDNN ライブラリで最速の畳み込みアルゴリズムが検出されるようになります。

このパラメーターには Simulink Coder および GPU Coder のライセンスが必要です。

次のコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] セクションにあります。

パラメーター説明

セミコロンなしの式をエコー

MATLAB コマンド ウィンドウで実行時に出力を表示できるようにします (セミコロンで終わらないアクションなど)。

Ctrl+C で中断

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、およびデータフロー領域用に生成したコードの応答性チェックを有効にします。

インポートしたバスと列挙型に対する typedef の生成

Stateflow および MATLAB Function ブロック内のインポートされたバスと列挙データ型に対する typedef の処理と生成について指定します。

メモリの整合性チェックを有効にする

MATLAB Function ブロックに生成したコード内でメモリの整合性の違反を検出し、診断して実行を停止します。

MATLAB 関数の実行時再帰を有効にする

再帰関数を含む MATLAB コード向けに生成されたコードで再帰関数を許可します。

コンパイル時の MATLAB 関数の再帰限界値

コンパイル時の再帰では、生成されたコードで許可される関数のコピー数を制御します。

ブロック削減

ブロックのグループを縮約または削除することによって実行時間を短縮します。

コンパイラ最適化レベル

高速のためにコード生成時にコンパイラによって使用される最適化の度合いを設定します。

ハードウェア アクセラレーション

ハードウェア アクセラレーションを使用するかどうか、およびハードウェア アクセラレーションのレベルを選択します。

条件付き入力分岐実行

Switch ブロックと Multiport Switch ブロックがモデルに含まれている場合のモデルの実行を向上させます。

詳細なアクセラレータのビルド

Simulink Accelerator モード、参照モデルのアクセラレータ モードおよびラピッド アクセラレータ モードのコード生成時に表示する情報の量を選択します。

MATLAB 関数での動的メモリ割り当て

動的メモリ割り当てしきい値以上のサイズをもつ可変サイズ配列に対して、動的メモリ割り当て (malloc) を使用します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object の MATLAB コードに適用されます。

MATLAB 関数での動的メモリ割り当てしきい値

しきい値以上のサイズ (バイト単位) をもつ可変サイズ配列に対して、動的なメモリの割り当て (malloc) を使用します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object の MATLAB コードに適用されます。

連続時間 MATLAB 関数による初期化された永続変数への書き込みを有効にする連続時間 MATLAB 関数の初期化された永続変数への書き込みを有効にします。無効になっている場合、連続時間 MATLAB 関数は永続変数の初期化および読み取りのみが可能です。

シミュレーション中のブレークポイント設定を許可

MATLAB Function ブロック、Stateflow チャート、State Transition ブロックまたは Truth Table ブロックを含むモデルのシミュレーション中のデバッグおよびアニメーションを有効にします。

関連するトピック