ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Function ブロックの基本

MATLAB® 関数の Simulink® モデルへの統合

MATLAB Function ブロックを使用して MATLAB 関数を Simulink モデルに実装し、コードと組み込みコードをプロセッサに展開します。MATLAB Function ブロックを使用して、読み取り可能で効率的かつコンパクトな C/C++ コードを生成し、デスクトップおよび組み込みアプリケーションに配布できます。

ブロック

MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

トピック

ブロックを使用した MATLAB Functions の実装

MATLAB 関数を Simulink モデルに追加します。

MATLAB Function ブロックを使用したカスタム機能の作成

MATLAB Function ブロックを Simulink モデルに統合するためのワークフローに従う。

出力データの信号オブジェクトの関連付け

暗黙的な信号の関連付けをモデルの階層構造のさまざまなレベルで管理します。

カスタム ブロック ライブラリの作成

MATLAB Function ブロックでカスタム ブロック ライブラリを作成します。

MATLAB コードを使用したオブジェクトの追跡

MATLAB コードを、2 次元空間でのオブジェクト移動の位置を推定する Simulink モデルに統合します。

MATLAB コードを使ったオーディオ信号へのフィルター適用

MATLAB コードを、信号処理アプリケーションの Simulink モデルに統合します。

MATLAB Function ブロックを使用した C コードの統合

MATLAB Function ブロックを使用した外部 C コードの呼び出しと、列挙型とバスの typedef を制御する方法

トラブルシューティング

MATLAB Function ブロックのデバッグ

シミュレーション中に MATLAB Function ブロック関数をデバッグし、データ範囲違反をチェックする。

MATLAB 関数と Stateflow ブロックでの代数ループ エラーの回避

フィードバック ループでの MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャートおよび真理値表の使用に関する制限に従います。