Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Function ブロック エディター

MATLAB® Function ブロック コードを編集し、MATLAB Function ブロックのデータ引数、入力トリガー、および関数呼び出し出力を定義

MATLAB Function ブロック コードをカスタマイズ、編集、およびデバッグします。

トピック

MATLAB Function ブロックへのデータの追加

MATLAB Function ブロックのデータ引数は以下の方法で定義できます。

MATLAB Function ブロックへの入力トリガーの追加

入力トリガーは、MATLAB Function ブロックを実行する入力端子上のイベントです。

MATLAB Function ブロックに関数呼び出し出力を追加

関数呼び出し出力は、Simulink® モデルの Function-Call Subsystem ブロックを実行する MATLAB Function ブロックの出力端子上のイベントです。

端子とデータの管理

[端子とデータの管理] を使って MATLAB Function ブロックのデータ引数、入力トリガー、および関数呼び出し出力を定義する方法を説明します。

MATLAB Function Block プロパティ

この節では、MATLAB Function ブロックの各プロパティについて説明します。

MATLAB Function レポート

MATLAB Function レポートを生成および解釈します。

MATLAB コードを使用したオブジェクトの追跡

MATLAB コードを、2 次元空間でのオブジェクト移動の位置を推定する Simulink モデルに統合します。

MATLAB コードを使ったオーディオ信号へのフィルター適用

MATLAB コードを、信号処理アプリケーションの Simulink モデルに統合します。

トラブルシューティング

MATLAB Function ブロックのデバッグ

シミュレーション中に MATLAB Function ブロック関数をデバッグし、データ範囲違反をチェックする。