Main Content

MATLAB Function ブロックの入力トリガーの管理

"入力トリガー" は、アクティブ化されたときに MATLAB Function ブロックを実行する入力です。Triggered Subsystem の使用を参照してください。[シンボル] ペインとプロパティ インスペクター、またはモデル エクスプローラーを使用して、各 MATLAB Function ブロックに 1 つの入力トリガーを追加し、入力トリガーを構成できます。

入力トリガーの作成

入力トリガーを作成するには、[シンボル] ペインまたはモデル エクスプローラーを使用します。

[シンボル] ペインを使用するには、次の手順に従います。

  1. MATLAB Function ブロック エディターを開きます。[関数] タブで、[データの編集] をクリックします。

  2. [イベントの作成] ボタン をクリックし、[トリガーの追加] を選択します。

入力トリガーを削除するには、入力トリガーの名前を右クリックして [削除] を選択します。

モデル エクスプローラーを使用するには、次の手順に従います。

  1. モデル エクスプローラーを開きます。[モデル化] タブの [設計] セクションで、[モデル エクスプローラー] をクリックします。

  2. [モデルの階層構造] ペインで、MATLAB Function ブロックを選択します。

  3. [追加][トリガー] をクリックするか、[トリガーの追加] ボタン をクリックします。

入力トリガーを削除するには、入力トリガーを選択し、[編集][削除] をクリックするか、[削除] ボタン をクリックします。

入力トリガーをもつ MATLAB Function ブロックの有効化

この例では、either 入力トリガーによって制御される MATLAB Function ブロックを使用します。

Square Wave Generator ブロックからの信号が立ち上がるとき、または 0 より下に立ち下がるとき、MATLAB Function ブロックが実行されます。MATLAB Function ブロックをダブルクリックしてコードを開きます。

function [y1,y2] = fcn(u)
y1 = u;
y2 = u - 1;

MATLAB Function ブロックは、ブロックが再度トリガーされるまで、最後に伝播された値を出力します。モデルを実行し、Scope ブロックを開いて出力を確認します。

入力トリガーのプロパティの設定

入力トリガーのプロパティを調整するには、[シンボル] ペインとプロパティ インスペクター、またはモデル エクスプローラーを使用します。

[シンボル] ペインとプロパティ インスペクターを使用してプロパティを編集するには、次のいずれかの方法を使用して、入力トリガーを指定し、プロパティ インスペクターを開きます。

  • [関数] タブで、[データの編集] をクリックします。[シンボル] ペインで入力トリガーを選択します。

  • [シンボル] ペインで、入力トリガーの名前を右クリックして [検査] をクリックします。

  • [モデル化] タブの [データの設計] セクションで、[プロパティ インスペクター] をクリックします。[シンボル] ペインで入力トリガーを選択します。

モデル エクスプローラーを使用してプロパティを編集するには、入力トリガーをクリックします。

以下のプロパティを変更できます。

名前

入力トリガーの名前を指定します。MATLAB® で使用されている命名規則を使用します。このプロパティは、[シンボル] ペインまたはモデル エクスプローラーでのみ設定できます。

端子

その入力トリガーに関連付けられている端子のインデックスを指定します。プロパティは読み取り専用です。1 つの MATLAB Function ブロックには 1 つのトリガーのみを追加できるため、このプロパティは常に 1 です。

トリガー

MATLAB Function ブロックをトリガーするイベントのタイプを指定します。次のいずれかのタイプを選択できます。

トリガー イベント説明
立ち上がり信号が負の値または 0 の値から正の値に立ち上がるとき、あるいは負の値から 0 の値に立ち上がるときに、トリガー信号は MATLAB Function ブロックを実行します。
立ち下がり信号が正の値または 0 の値から負の値に立ち下がるとき、あるいは正の値から 0 の値に立ち下がるときに、トリガー信号は MATLAB Function ブロックを実行します。
両方制御信号が Rising または Falling のときに、トリガー信号は MATLAB Function ブロックを実行します。
関数呼び出し関数呼び出しイベントを出力するブロックからのトリガー信号が MATLAB Function ブロックを実行します。

説明

その入力トリガーの説明を指定します。

ドキュメント リンク

その入力トリガーのドキュメンテーションへのリンクを指定します。URL アドレスを入力するか、HTML ファイルやテキストなど、ドキュメンテーションを MATLAB コマンド ウィンドウに表示する MATLAB コマンドを入力できます。[ドキュメント リンク] のリンクをクリックすると、MATLAB Function ブロックは、そのリンクを評価してドキュメンテーションを表示します。

参考

関連するトピック