Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Triggered Subsystem

このモデルは Triggered Subsystem を示し、さまざまなトリガー タイプを記述します。Triggered Subsystem は、トリガー端子が指定された方向で遷移したときに必ず、単一のタイム ステップで実行されます。このようなトリガー端子の遷移は、遷移の方向が立ち上がり、立ち下がりまたはそのいずれかである場合に生じます。立ち上がり遷移は、トリガー信号遷移がゼロ以下から正の値に遷移するときに発生します。立ち下がり遷移は、トリガー信号遷移がゼロ以上から負の値に遷移するときに発生します。

シミュレーションの実行後、スコープ内の 1 番上のプロットをよく見てください。このプロットには、正弦波、波形およびゼロのグラウンド値が表示されています。波形がゼロを通過して遷移すると、各サブシステムが適切にトリガーされます。各サブシステムの出力は、その時点の正弦波の現在値に等しくなります。