ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

出力データの信号オブジェクトの関連付け

暗黙的な信号の関連付け

MATLAB Function ブロックは Simulink® 信号オブジェクトで信号の関連付けを行います。既定の設定により、MATLAB Function ブロックからの出力データは、"暗黙的な信号の関連付け" と呼ばれるプロセスの中で同じ名前の Simulink 信号オブジェクトに関連付けられます。

既定の設定では、Simulink モデル内でチャートが更新されると、暗黙的な信号の関連付けにより警告が生成されます。以下の節では、暗黙的な信号の関連付けをさまざまなレベルで管理する方法を説明します。詳細については、記号の解釈および明示的または暗黙的な記号関連付けを参照してください。

モデル内の暗黙的な信号の関連付けに対する警告の除去

モデル内のすべての信号に対して暗黙的な信号の関連付けを有効にし、それに伴う警告を除去するには、次の手順に従います。

  1. Simulink エディターで、[シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。

    [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログが表示されます。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログの左側のペインで、[診断] の下の [データ有効性] を選択します。

    右側のペインに [データ有効性] コンフィギュレーション パラメーターが表示されます。

  3. [信号の関連付け] フィールドで、[明示的と暗黙的] を選択します。

MATLAB Function ブロックの暗黙的な信号の関連付けの無効化

モデル内の MATLAB Function ブロックの暗黙的な信号の関連付けを無効にするには、次の手順に従います。

  1. MATLAB Function ブロックを右クリックし、コンテキスト メニューから [ブロック パラメーター (サブシステム)] を選択します。

    [パラメーター] ダイアログが開きます。

  2. [階層の関連付けを許可] フィールドで、[明示的のみ] または [なし] を選択し、[OK] をクリックします。

出力データ信号に対する明示的な信号の関連付けの強制

MATLAB Function ブロック内で出力信号に対する信号の関連付けを強制するには、次の手順に従います。

  1. Simulink モデル内で、関連付けする必要のある出力に接続されている信号線を右クリックし、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。

  2. [信号プロパティ] ダイアログで、その信号オブジェクトに対応する名前を入力します。

  3. [信号名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける] チェック ボックスを選択して、[OK] をクリックします。

参考

関連するトピック