Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム コード解析を有効にする

説明

カスタム コードの Simulink® Coverage™ および Simulink Design Verifier™ サポートを有効にするかどうかを指定します。このオプションは、C Caller ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow® チャートに影響します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オフ

オン

カスタム コードの Simulink Coverage および Simulink Design Verifier のサポートを有効にします。

オフ

カスタム コードの Simulink Coverage および Simulink Design Verifier のサポートを無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimAnalyzeCustomCode
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ

推奨なし

トレーサビリティ

推奨なし

効率性

推奨なし

安全対策

推奨なし

関連するトピック