ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数別に指定

説明

C Caller ブロックにより使用される、各外部 C 関数の配列レイアウトを指定します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

C Caller ブロックにより使用される、各外部 C 関数の配列レイアウトを指定します。個々の関数に指定された配列レイアウトは、[既定の関数配列のレイアウト] パラメーターに指定されたオプションより優先されます。これらのオプションを使用して、個々の C 関数の配列のレイアウト設定を追加または削除します。

追加

C Caller ブロックで使用されるカスタム C 関数を追加し、配列のレイアウト設定を指定します。

削除

C Caller ブロックで使用されるカスタム C 関数を削除し、配列のレイアウト設定を指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: CustomCodeFunctionArrayLayout
型: 構造体配列
値: 'FunctionName' フィールドと 'ArrayLayout' フィールドをもつ構造体。'ArrayLayout' は、'Column-major''Row-major' または 'Any' にできます。
既定の設定: ' '

モデル foo_model について考えます。C Caller ブロックを使用してモデルを操作する外部 C 関数がある場合は、MATLAB® コマンド ウィンドウで以下のコマンドを使用して、これらの関数の配列レイアウトを指定します。

arrayLayout(1).FunctionName = 'MyCFunction1';
arrayLayout(1).ArrayLayout = 'Column-major';
arrayLayout(2).FunctionName = 'MyCFunction2';
arrayLayout(2).ArrayLayout = 'Row-major';
set_param('foo_model', 'CustomCodeFunctionArrayLayout', arrayLayout)

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック