Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C Function ブロックを使用した外部 C アルゴリズムの統合

Simulink モデルからの外部 C アルゴリズムの統合と呼び出し

C Function ブロックを使用して、モデルから外部 C コードを呼び出します。出力コードを記述してシンボルを変更できます。シンボルとは、Simulink® モデルで入力値、出力値、永続変数値、パラメーター値、または定数値を取る可能性のあるコード内の変数です。C Function ブロックを使用して以下のことを行います。

  • C 関数を呼び出すデータを前処理する C コードを記述する。同様に、C 関数を呼び出した後にデータを後処理する C コードを記述できます。

  • シミュレーションとコード生成とで別のコードを指定する。

  • 複数の関数を呼び出す。

  • ブロックにキャッシュされた永続データを初期化したり操作したりする。

メモリの割り当てと解除を行ったり、外部コードのシンボルを前処理または後処理したり、永続データを初期化したり終了させたりするような場合に C Function ブロックを使用します。単純な C コードを呼び出す場合は、C Caller ブロックを使用します。C コードを使用して Simulink モデルに動的システムを統合するには、S-Function ブロックを使用します。

ブロック

C Function外部 C コードの Simulink モデルからの統合と呼び出し

オブジェクト

SymbolSpecC Function ブロック データ シンボルのクエリと構成
SymbolC Function ブロック データ シンボル

注目の例