Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink コード インポーターを使用したカスタム C/C++ コードのインポート

Simulink® コード インポーター ツールを使用した、カスタム C/C++ コードからの Simulink ライブラリの作成

Simulink コード インポーター ツールを使用して、カスタム C/C++ コード ライブラリから Simulink ライブラリを作成します。Simulink コード インポーターは、関数のカスタム コードとその依存関係 (その関数で使用されるグローバル変数と型を含む) についての解析後に、カスタム コードを C Caller ブロックの Simulink ライブラリに、呼び出し可能な関数として取り込みます。

Simulink コード インポーターを使用するには、Simulink ツールストリップで [モデル化] タブに移動します。[設計] から [コード インポーター] を選択します。その後、一連の画面に従い、カスタム コードから Simulink ライブラリを作成するプロセスを進めます。

または、コマンド ライン インターフェイスを使用して、Simulink.CodeImporter クラスのオブジェクトを作成して Simulink コード インポーター ツールを実行できます。

クラス

Simulink.CodeImporterカスタム C/C++ コードを Simulink にインポート
Simulink.CodeImporter.CustomCodeSpecify custom code settings for Simulink.CodeImporter and sltest.CodeImporter classes
Simulink.CodeImporter.OptionsSpecify additional import options for Simulink.CodeImporter and sltest.CodeImporter classes
Simulink.CodeImporter.ParseInfoInformation about parsed custom code
Simulink.CodeImporter.FunctionAccess and configure detailed information about parsed custom code functions
Simulink.CodeImporter.SimulinkPortSpecificationConfigure port specification for imported custom code

ブロック

C CallerSimulink で C コードを統合

トピック