Main Content

C Caller ブロックを使用した C コードの呼び出し

C 関数をインポートしたシンプルな外部 C コードの Simulink® への呼び出し

C Caller ブロックを使用して C コードを Simulink モデルに統合します。C Caller ブロックはソースの C コードを解決し、Simulink モデルで利用する関数を抽出します。Simulink モデルでカスタム コード ソースを構成することから開始するには、Specify and Configure Custom C/C++ Codeを参照してください。

C Caller ブロックでは動的状態および変数はサポートされません。カスタム ブロックで動的状態や変数を使用するには、C/C++ S-Function の実装を参照してください。

C Caller ブロックを使用してコードを生成すると、Target Language Compiler (TLC) ファイルを記述する必要がなくなります。

ブロック

C CallerSimulink で C コードを統合

オブジェクト

FunctionPortSpecificationC Caller ブロックのプロパティのクエリと構成 (R2019b 以降)

トピック