Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム イメージ フィルター アルゴリズムを Simulink に再利用可能なブロックとして取り込む

この例では、C Caller ブロックを使用する C コード イメージ フィルター アルゴリズムを再利用可能な Simulink ライブラリに取り込む方法を示します。

この例では、3 つのイメージ フィルター ブロックがライブラリ モデルの C Caller ブロックになっています。それらの依存 C コードはライブラリ モデルのカスタム コード設定で指定されます。

イメージ フィルター C 関数は、''行優先'' の配列レイアウトを使用して実装されます。そのため、[ライブラリのカスタム コードの設定] では [既定の関数配列のレイアウト] が [行優先] に設定されます。

これらのライブラリのイメージ フィルター ブロックは、それらをモデルに追加することで再利用できます。