Main Content

カスタム イメージ フィルター アルゴリズムを Simulink で再利用可能なブロックとして使用

この例では、再利用可能な Simulink® ライブラリの C Caller ブロックを使用して、C コードで記述されたイメージ フィルター アルゴリズムをモデルに組み込む方法を示します。

この例では、3 つのイメージ フィルター ブロックがライブラリ モデルの C Caller ブロックになっています。それらの依存 C コードはライブラリ モデルのカスタム コード設定で指定されます。

イメージ フィルター C 関数は、行優先の配列レイアウトを使用して実装されます。ライブラリのカスタム コードの設定で、既定の関数配列のレイアウトを行優先として指定します。

これらのライブラリのイメージ フィルター ブロックは、それらをモデルに追加することで再利用できます。

mdl = 'slexCCallerExampleImageFilter';
open_system(mdl);

シミュレーションを実行すると、MATLAB Function ブロックによってフィルター処理されたイメージが表示されます。

evalc('sim(mdl)');

slcc('clearCustomCodeModules');

参考

関連するトピック