最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

未定義の関数の処理

説明

C CallerMATLAB FunctionMATLAB System ブロックまたは Stateflow® チャートが含まれるモデルの C ソース コード ファイルにおける未定義の関数の動作を指定します。関数がソース ヘッダー ファイル内で宣言されているが、ソース コードに実装されていない場合、Simulink® はこの設定に従って動作します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: フィルターで除外

エラー発生

C ソース コード内の関数が未定義の場合、エラーを返します。スタブ関数は自動的に生成されませんが、関数は C Caller[端子仕様] テーブルに表示されます。

フィルターで除外

C ソース コード内の未定義の関数をすべてフィルターで除外します。スタブ関数は自動的に生成されません。また、関数は C caller[端子仕様] テーブルに表示されません。

C ソース コード内に未定義の関数があり、MATLAB FunctionMATLAB System ブロックまたは Stateflow チャートを使用するモデル内でその関数が呼び出される場合、Simulink によってエラーが返されます。モデル内のいずれかのブロックに対するカスタム コードに未定義の関数が含まれている場合、Simulink によって警告が表示されます。

検出しない

ソース コードから未定義の関数を検出しません。スタブ関数は自動的に生成されませんが、関数は C Caller[端子仕様] テーブルに表示されます。

インターフェイスのみを使用

C ソース コードから未定義の関数を検出します。未定義の関数のスタブ関数を生成して、それをモデル内に表示し、Stateflow チャート、MATLAB Function および MATLAB System ブロックから呼び出せるようにします。

コマンド ライン情報

パラメーター: CustomCodeUndefinedFunction
型: 文字ベクトル
値: 'Throw Error' | 'Filter out' | 'Do not Detect' | 'Use interface only'
既定の設定: 'Filter out'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック