ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既定の関数配列のレイアウト

説明

C Caller ブロックにより使用される、すべての外部 C 関数の既定の配列レイアウトを指定します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: 指定なし

列優先

列優先の配列のレイアウトですべての外部 C 関数を呼び出します。

行優先

行優先の配列レイアウトですべての外部 C 関数を呼び出します。

任意

列優先または行優先の配列レイアウトですべての外部 C 関数を呼び出します。外部関数アルゴリズムで行列データを特定の配列レイアウトにする必要がない場合は、このオプションを使用します。

指定なし

列優先または行優先の配列レイアウトですべての外部 C 関数を呼び出します。[配列のレイアウト] (Simulink Coder) が [行優先] に設定されている場合、Simulink® でエラーがレポートされます。エラーをオフにするには、[行優先コード生成の外部関数互換性] (Simulink Coder) を [警告] または [なし] に変更します。

[既定の関数配列のレイアウト] パラメーターは、カスタム コード関数の既定の配列レイアウトを制御します。個々の関数の配列レイアウトを指定するには、[関数別に指定] ダイアログ ボックスを使用します。

コマンド ライン情報

パラメーター: DefaultCustomCodeFunctionArrayLayout
型: 文字ベクトル
値: 'Column-major' | 'Row-major' | 'Any' | 'Not specified'
既定の設定: 'Not specified'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック