Main Content

カスタム コードのグローバルを関数インターフェイスとして有効にする

説明

C Caller カスタム コード内のグローバル変数の動作を指定します。このオプションがオンの場合、カスタム コード内でグローバルとして宣言された変数を、ブロック インターフェイスでグローバル引数として使用できます。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オフ

オン

関数インターフェイスでのカスタム コードのグローバル変数の解析を有効にします。C Caller ブロックは、カスタム コード内のグローバル変数をブロック インターフェイス上のグローバル引数として扱います。これらの引数は、[端子仕様] テーブル内で太字で表示されます。

オフ

ブロック インターフェイス上のグローバル変数の解析を無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: CustomCodeGlobalsAsFunctionIO
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

参考

| |

関連するトピック