Main Content

getGlobalArg

C Caller ブロックのグローバル変数のオブジェクト定義を取得

説明

GlobalArg = getGlobalArg(globalVariableName) を指定すると、FunctionArgument オブジェクトが作成されます。C Caller ブロックを使用するモデルでグローバル変数を使用するには、[コンフィギュレーション パラメーター][シミュレーション ターゲット] から [カスタム コードのグローバルを関数インターフェイスとして有効にする] 設定をオンにします。

すべて折りたたむ

C Caller ブロックで使用されているグローバル変数のプロパティにアクセスします。

FunctionPortSpecification オブジェクトを作成します。

myFunctionPortSpecObject = get_param(gcb, 'FunctionPortSpecification')

クエリしてグローバル引数の FunctionArgument オブジェクトを作成します。

myGlobalVariable = myFunctionPortSpecObject.getGlobalArg('myGlobalVariableName')
myGlobalVariable = 

  FunctionArgument with properties:

          Name: 'myGlobalVarPort'
    PortNumber: 1
          Size: '1'
          Type: 'double'
         Label: 'myGlobalVarPort'
         Scope: 'Input'

入力引数

すべて折りたたむ

グローバル変数の名前。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

C Caller ブロックに関連付けられたグローバル引数オブジェクト。FunctionArgument オブジェクトとして返されます。

R2020b で導入