Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム コードのインポート

説明

使用可能なカスタム コード変数と関数を解析し、カスタム コードを独自のシミュレーション ターゲットにコンパイルするかどうかを指定します。このオプションは、C Caller ブロック、C Function ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow® チャートに影響します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

このオプションがオンの場合、Simulink® では次のようになります。

  • C Caller ブロック、C Function ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow チャートを使ったシミュレーションに同じカスタム コードを使用します。C Caller ブロックまたは C Function ブロックを使用する場合、このオプションはオンにしなければなりません。

  • 指定したカスタム コードの依存関係が変更されると、カスタム コード シミュレーション ターゲットを自動的にリビルドします。

  • カスタム コードが変更されると、カスタム コードを使用してブロックのシミュレーション ターゲットを自動的にリビルドします。

  • C Caller ブロック、C Function ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow チャートの Just-In-Time (JIT) コンパイルを有効にします。

  • [カスタム コード解析を有効にする] オプションで、カスタム コードの Simulink Coverage™ および Simulink Design Verifier™ のサポートを有効にできます。

  • モデルから編集時とコンパイル時の C インターフェイス エラーを検出できます。

  • モデル内のブロックによって外部カスタム コードが呼び出されるかどうかに関係なく、モデルのシミュレーションの開始時と終了時に、それぞれ指定の初期化コードと終了コードを呼び出します。初期化関数終了関数を参照してください。

  • カスタム コードの解析が有効になり、モデル内の Stateflow チャートにある未解決のシンボルがレポートされます。

オフ

このオプションがオフの場合、Simulink では次のようになります。

  • MATLAB® をアクション言語としている Stateflow チャート、MATLAB Function ブロック、または MATLAB System ブロックで、シミュレーション ターゲットとカスタム コードの依存関係を指定する他の方法 (coder.cincludecoder.updateBuildInfo、および coder.ExternalDependency) 間でカスタム コードの依存関係を分割します。

  • 必要な場合にのみ、指定の初期化コードと終了コードを呼び出します。モデル内のブロックによって外部カスタム コードが呼び出されない場合、Simulink は初期化コードまたは終了コードを呼び出しません。初期化関数終了関数を参照してください。

メモ

ほとんどの場合、[カスタム コードのインポート] を選択する必要があります。[カスタム コードのインポート] パラメーターは、カスタム コードにこのパラメーターとの互換性がない場合にのみオフにします。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimParseCustomCode
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策オン

関連するトピック