ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム コードのインポート

説明

使用可能なカスタム コード変数と関数を解析し、カスタム コードを独自のシミュレーション ターゲットにコンパイルするかどうかを指定します。このオプションは、C Caller ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow® チャートに影響します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

カスタム コードの解析が有効になり、モデルの C チャートの未解決のシンボルがレポートされます。このオプションがオンの場合、Simulink® では次のようになります。

  • C Caller ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow チャートを使ったシミュレーションに同じカスタム コードを使用します。C Caller ブロックを使用する場合、このオプションはオンにしなければなりません。

  • 指定したカスタム コードの依存関係が変更されると、カスタム コード シミュレーション ターゲットを自動的にリビルドします。

  • カスタム コードが変更されると、カスタム コードを使用してブロックのシミュレーション ターゲットを自動的にリビルドします。

  • C Caller ブロック、MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、および Stateflow チャートの Just-In-Time (JIT) コンパイルを有効にします。

  • [カスタム コード解析を有効にする] オプションで、カスタム コードの Simulink Coverage および Simulink Design Verifier のサポートを有効にできます。

オフ

カスタム コードのインポートを無効にします。[カスタム コードのインポート] をオフにすると、Simulink で以下を実行できます。

  • MATLAB® をアクション言語としている Stateflow チャート、MATLAB Function ブロック、または MATLAB System ブロックで、シミュレーション ターゲットとカスタム コードの依存関係を指定する他の方法 (coder.cincludecoder.updateBuildInfo、および coder.ExternalDependency) 間でカスタム コードの依存関係を分割します。

  • C インターフェイスを使用しない関数を許可し、カスタム コードからオーバーロードされた C++ 関数をサポートします。

  • カスタム コードの依存関係に、宣言されていても定義されていない関数シンボルを含めることを許可します。許可されない場合、Simulink では 0 値を返すシンボルのバージョンが作成されます。

  • MATLAB をアクション言語として使用している Stateflow チャートでは、-> 演算子を使用して C++ クラス メンバーにアクセスしたり、-> 演算子を使用して自身へのポインターを含む構造体内のメンバーにアクセスしたり、共用体型のメンバーにアクセスしたりできます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimParseCustomCode
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策オン

関連するトピック