Main Content

Simulink プロファイラー

シミュレーション速度の低下原因の特定

説明

Simulink プロファイラーを使用してモデルとブロックの実行を調べ、シミュレーション性能を低下させている可能性のある問題を特定します。

Model with Profiler Report

Simulink プロファイラー を開く

  1. モデルを開きます。

  2. [デバッグ] タブで、[パフォーマンス アドバイザー][Simulink プロファイラー] を選択します。

  3. [プロファイル] タブで、[プロファイル] をクリックします。

シミュレーションが完了したら、[プロファイラー レポート] ペインが開き、モデルのシミュレーション プロファイルが表示されます。レポートを HTML にエクスポートするか、プロファイリング データを MAT ファイルに保存して、プロファイリング実行の結果を共有できます。

Model with Profiler report

すべて展開する

この例では、Simulink プロファイラーを使用してモデルでシミュレーションの速度が低下した原因を追跡する方法を示します。

この例では、sldemo_fuelsys_dd モデルの変更されたバージョン、人工的に速度低下を挿入したモデル (フォールトトレラント燃料制御システム モデリングのモデル例) を使用します。

[パフォーマンス アドバイザー][Simulink プロファイラー] を選択して、[デバッグ] タブからモデルのプロファイラーを開きます。

[プロファイル] をクリックしてモデルをプロファイリングします。シミュレーションが完了したら、[プロファイラー レポート] ペインが開きます。

Engine Gas Dynamics ブロックが最上位モデルの合計プロファイリング時間の大部分 (231.443 秒中 177.759 秒) を取ることを確認します。これは、モデルで問題が生じるブロックの検索を開始するのに便利です。

ブロックの階層ビューを再帰的に展開します。既定の設定では、プロファイラーはモデルと同じレベルで [合計時間 (秒)] の降順でブロックを並べ替えます。

For Iterator subsystem は EGO Sensor subsystem の約 98% の実行時間を占めていることを確認します。これがモデルの性能低下の原因である可能性は非常に高くなります。

ブロックを削除し、切断された信号を再接続して、再度モデルをプロファイリングします。シミュレーション時間が大幅に高速化されることがわかるはずです。

2 つの実行結果を比較するには、[レポート パネルの追加] をクリックして、[実行] リストから前の実行を選択します。

選択した実行の結果を HTML レポートまたは MAT ファイルとして共有できます。プロファイル レポートを共有するには、[共有] メニューで、HTML レポートの場合は [レポートの生成] を選択し、MAT ファイルに結果を保存する場合は [エクスポート] を選択します。プロファイリングの結果は、MATLAB™ の現在の作業フォルダーにエクスポートされます。

生成されたレポートを表示するには、サポートされている Web ブラウザーでレポートを開くか、ファイル パスを web コマンドに渡して組み込みのブラウザーを使用できます。MATLAB Report Generator™ をインストールしている場合は、rptview を使用してレポートを表示することもできます。

参考

プロファイラー レポートにおける合計時間と自己時間の理解

バージョン履歴

R2007b で導入