ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: 診断

[診断] カテゴリには、たとえば代数ループなどのソルバーおよびソルバー設定に関連する問題を検出するためのパラメーターが含まれます。

パラメーター説明

代数ループ

モデルのコンパイル中に Simulink® ソフトウェアによって代数ループが検出された場合に行う診断アクションを選択します。

代数ループの最小化

サブシステムの入力端子に直達があるために、その Atomic Subsystem または Model ブロックに疑似代数ループの最小化を実行できない場合に行う診断アクションを選択します。

ブロック優先順位違反

Simulink ソフトウェアでブロックの優先順位の仕様に関するエラーを検出したときに行う診断アクションを選択します。

最小ステップ サイズ違反

モデルに指定された最小ステップ サイズより次のシミュレーション ステップが小さいことが Simulink によって検出された場合に行う診断アクションを選択します。

連続的なゼロクロッシング違反

連続的なゼロクロッシングの数が指定された最大値を超えていることが Simulink ソフトウェアによって検出されたときに行う診断アクションを選択します。

自動ソルバー パラメーターの選択

ソルバー パラメーター設定が Simulink ソフトウェアによって変更された場合に行う診断アクションを選択します。

不要な離散微分信号

離散信号が Model ブロックを通過し、連続状態をもつブロックの入力に渡されているように見えるときに行う診断アクションを選択します。

状態名の衝突

名前がモデル内の 1 つを超える状態で使われている場合に行う診断アクションを指定します。

SimState インターフェイスのチェックサムの不一致

SimState を読み込む前にインターフェイスのチェックサムがモデルのチェックサムと一致していることを確認するには、このチェックを使用します。

次のコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] セクションにあります。

パラメーター説明

シンボリック次元指定の許可

Simulink が次元シンボルをモデル全体に伝播して、これらのシンボルを伝播された信号の次元内で保持するかどうかを指定します。

許可された単位系

モデルで許可されている単位系を指定します。

単位の不一致メッセージ

単位の不一致を警告として報告するかどうかを指定します。Simulink ソフトウェアが単位の不一致を検出したときに行う診断アクションを選択します。

自動単位変換を許可

モデルで自動単位変換を許可します。

バリアント条件の算術演算

バリアント条件に算術演算が見つかった場合に実行する、診断アクションを指定します。

実行コンテキストの実行時の出力をチェック

Simulink ソフトウェアで以前のリリースのものと異なる可能性のある出力を検出した場合に警告を表示するかどうかを指定します。

定義されていないサブシステムの初期出力のチェック

モデルに含まれている条件付き実行サブシステムにおいて、初期条件が定義されていない Outport ブロックが、指定された初期条件をもつブロックによって駆動されている場合に、警告を表示するかどうかを指定します。

ソルバーデータの不整合

連続サンプル時間をもつにもかかわらず、2 回以上実行したときの結果が一貫していない S-Function が Simulink によって検出された場合に行う診断アクションを選択します。

ブロック線図は無効化されたライブラリ リンクを含む

無効化されたライブラリ リンクを含むモデルを保存するときに行う診断アクションを選択します。

ブロック線図はパラメーター付きのライブラリ リンクを含んでいます

パラメーター付きのライブラリ リンクを含むモデルを保存するときに行う診断アクションを選択します。

初期状態が配列

初期状態が配列である場合のメッセージ動作

コード生成およびシミュレーション用に出力メソッドと更新メソッドを結合

1 つの関数に出力コードと更新コードがある場合に、シミュレーション実行順序を、強制的にコード生成順序と同じにします。モデル化のパターンによっては、このパラメーターを設定すると、シミュレーションとコード生成の潜在的な不一致が回避されます。このパラメーターを設定すると、疑似代数ループが生じる場合があります。

事前生成されたライブラリ サブシステム コードが見つからない場合の動作再利用可能なライブラリ サブシステムのインスタンスが含まれるモデルのコードを関数インターフェイスで生成する場合、モデルが事前生成されたライブラリ コードを使用できないか、事前生成されたライブラリ コードが見つからない場合に警告またはエラーを表示するかどうかを指定します。

FMU Import ブロック

デバッグ実行モードが有効である場合、FMU バイナリは別のプロセスで実行されます。

関連するトピック