最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: サンプル時間の診断

[診断][サンプル時間] カテゴリには、サンプル時間およびサンプル時間の指定に関連する問題を検出するためのパラメーターが含まれます。

パラメーター説明

-1 のサンプル時間が指定されたソース ブロック

-1 というサンプル時間がソース ブロック (Sine Wave ブロックなど) によって指定されている場合に行う診断アクションを選択します。

マルチタスク レート変換

マルチタスク モードで動作している 2 つのブロック間で無効なレート変換が起きたときに行う診断アクションを選択します。

シングルタスク レート変換

シングルタスク モードで動作している 2 つのブロック間でレート変換が起きたときに行う診断アクションを選択します。

マルチタスクの条件付き実行サブシステム

データの破損や非決定的な動作を起こす可能性のあるサブシステムが Simulink® ソフトウェアによって検出されたときに行う診断アクションを選択します。

同じ優先順位をもつタスク

同じ優先順位をもつために、ターゲット システムで相互にプリエンプトし合う可能性のある 2 つのタスクが Simulink によって検出された場合に行う診断アクションを選択します。

エクスポートされたタスクのレート変換

エクスポートされたタスク間で行われる未指定のデータ転送が Simulink ソフトウェアによって検出された場合に行う診断アクションを選択します。

Signal Specification ブロックで指定されたサンプル時間にする

Signal Specification ブロックで指定される信号のソース端子のサンプル時間が信号の伝達先の端子と異なるときに行う診断アクションを選択します。

サンプル ヒットの時間調整

モデルの実行中に Simulink ソフトウェアでサンプル ヒット時間に微調整を加える場合に行う診断アクションを選択します。

指定のないサンプル時間の継承

サンプル時間を親モデルから継承できないようにするかどうかが指定されていない S-Function がこのモデルに含まれている場合に行う診断アクションを選択します。

関連するトピック