Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マルチタスクの条件付き実行サブシステム

説明

データの破損や非決定的な動作を起こす可能性のあるサブシステムが Simulink® ソフトウェアによって検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • これらのタイプのサブシステムは、次のいずれかの条件が満たされている場合に生じます。

    • モデルがマルチタスク ソルバー モードを使用し、複数のレートで動作する Enabled サブシステムを含んでいる場合

    • モデルに含まれている条件付き実行サブシステムが状態を自動的にリセットでき、非同期サブシステムを含んでいる場合

    これらのタイプのサブシステムは、モデルから生成されたコードを使用するリアルタイム システムにおいてデータの破損や非確定的な動作を引き起こす可能性があります。

  • モデルがマルチタスク ソルバー モードを使用し、複数のレートで動作する Enabled サブシステムを含んでいる場合は、シングルタスク ソルバー モードを使用するか、シングルレートの Enabled サブシステムを代わりに使用することを検討してください。

  • モデルに含まれている条件付き実行サブシステムが状態を自動的にリセットでき、非同期サブシステムを含んでいる場合は、条件付き実行サブシステムの外部に非同期サブシステムを移動することを検討してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: MultiTaskCondExecSysMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック